SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

五輪会場での酒類販売を容認へ !開会式入場者2万人が波紋

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整していることが21日、関係者の話で分かった。新型コロナウイルス感染症対策のため、時間帯などに制限を設けるとみられる。



組織委の橋本聖子会長は同日の記者会見で「観客への酒類の販売、提供については、大声の抑止、安全な誘導の実現の観点や現在の(社会の)一般的ルールに鑑み、検討中」と述べた。


組織委は今週中に観客のガイドラインを発表する予定。素案では会場内の通路でのグループによる飲食を避けることなどが盛り込まれた。飲酒についての方針も示される可能性がある。



酒類の提供に関して五輪だけ例外措置を認めるのであれば、政策当局のあからさまな「ダブルスタンダード(二重規範)」に対する消費者や飲食店の不公平感が募り、緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」で、感染対策の一環として酒類の提供に制限をかけても、客側でも飲食店側でもルール破りが横行することになるだろう。ルール違反が増えて一定数を超えれば、ルールにしっかりとしたがっている飲食店からルールにしたがわない飲食店のほうに客が流れてしまうため、売上確保のためにルールを守らない飲食店が加速度的に増え、結果として感染拡大のリスクが一気に高まるおそれがある。基本的にはお願いベースとなっている緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」が曲がりなりにも効力を発揮したのは、適用されるルールが公平だったからで、ルールが不公平なものであれば、今後、感染が拡大して緊急事態宣言を発出してもその効果は全く期待できなくなるだろう。



これが本性です。国民には1年半の間、オリンピックを開催するために酒類、飲食の自粛をさせておいて、会場で酒類販売を容認するとは正気の沙汰ではありません。特権階級のIOCや早々に閉会した自由飲酒党の国会議員たちが特別枠に紛れてお酒を楽しむ魂胆なのでしょう。国民を軽くみて、なめるのもいい加減にしてほしいものです。今度の選挙へは必ず行こうと思います。


また、開会式入場者2万人が波紋。「別枠」、野党は問題視 東京五輪。


東京五輪・パラリンピック組織委員会などが東京五輪の観客数を最大1万人とする方針を打ち出す一方、開会式については「2万人」の入場を認める方向で調整していることが波紋を広げている。



大会関係者を「別枠」とするもので、新型コロナウイルス対策を徹底する中、特別扱いとも映る対応に疑問の声が上がっている。


組織委幹部は開会式について「特別なイベントだ。入場者は2万~3万人になってもいい」と語った。観客とは別に追加で想定しているのはスポンサー招待客らだ。


ただ、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らは、無観客が望ましいとする提言を公表済み。観客入りの場合は国内イベントよりも厳しい基準を求めている。菅義偉首相は提言を尊重する意向を示しており、「別枠」はこれに逆行すると受け取られる可能性もある。



組織委の武藤敏郎事務総長は21日、政府、東京都などとの5者協議後の記者会見で「大会運営に関係する人たちは主催者で、観客ではないという観点から1万人とは別途考える」と述べ、「別枠」による受け入れを認めた。


ただ、人数に関しては「精査中なので具体的な数字は申し上げられないが、それ(1万人の追加)よりは明らかに少ない数字になるだろう」と強調した。


野党は問題視している。立憲民主党の蓮舫代表代行は21日、ツイッターに「開会式だけいきなり例外はない」と投稿。同党の長妻昭副代表は党会合で「(専門家の提言に)全く反する話だ。2万人はあり得ない」と厳しく批判した。 

五輪会場での酒類販売を容認へ !開会式入場者2万人が波紋 五輪会場での酒類販売を容認へ !開会式入場者2万人が波紋 Reviewed by RichKid on 6月 22, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.