SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

欧州で韓国製自動車コナが燃えて粉になる…現代車「コナ」17件目の火災

 韓国製電気自動車のコナがまた燃えたようだ。ノルウェー首都オスロの駐車場でやらかしてしまった。バッテリーが不良品だったせいで車両下部から出火し、最終的には水の入ったコンテナにドボンと入れて愛国心もろとも粉々になってしまったという話だ。



現代自動車「コナ」電気自動車の火災がノルウェーでも発生した。人命被害はなかったが、今年2月に現代車がバッテリー交換を発表してから落ち着いていた電気自動車の火災に対する不安感がまた高まっている。コナ電気自動車の火災事故は18日にも忠清南道保寧(ボリョン)の海水浴場付近で発生した。


◆水が入ったコンテナに入れて鎮火


24日のインサイドEVなど海外メディアによると、21日、ノルウェーの首都オスロのある道路付近の駐車場にあったコナ電気自動車で火災が発生した。ほとんどの電気自動車の火災事故と同じように、今回も車両下部のバッテリーの位置から出火した。現代車は「現在、事故について確認中」とのみ明らかにした。



オスロ警察によると、現場に出動した消防署員は火災が発生したコナ電気自動車に水をかけた後、濡れたファイヤーブランケットを車両にかぶせた。そして車両を持ち上げ、大容量の水が入ったコンテナに入れた。コナ電気自動車はコンテナに入れられた後、火が消えた。電気自動車の火災事故には熱暴走が伴うため、火を完全に制圧するのが相対的に難しい。


今回を含めてコナ電気自動車の火災事故は2018年の販売開始以降、国内外を合わせて計17件となった。国内が12件、海外が5件だ。現代車は昨年10月、コナ電気自動車のバッテリー管理システム(BMS)をアップデートする欠陥是正措置(リコール)を発表したが、その後も火災が続いた。結局、今年2月に「2018年5月から昨年3月まで生産したコナ電気自動車およそ2万5000台に対して高電圧バッテリーシステム(BSA)をすべて交換する自発的リコールを実施する」と明らかにした。



現代車ノルウェー法人は現地メディアに「事故の車両は正式輸入手続きを踏まず、リコール対象から除外されていたと把握している」と説明した。現地法人を通さず、蔚山(ウルサン)工場で生産された車を個人が輸入したという趣旨だ。コナ電気自動車は国内生産分にはほとんどLGエナジーソリューションのバッテリーを搭載し、東欧チェコ工場で量産に入った昨年からはSKイノベーションのバッテリーも採用している。


◆現代車、BMSアップデート要請


最近、現代車は個別支店、営業社員レベルで、まだバッテリー交換をしていないコナのリコール対象の所有者にBMSアップデートを要請している。BMSをアップデートして充電量を減らすことで、過度な充電による火災の危険を低めようという措置だ。通常の電気自動車安全マージン(バッテリー容量に対して充電せず残す部分)は8-12%だが、コナ電気自動車は3%にすぎなかった。


韓国の電気自動車事故がこれだけ多いというのに、欧州でさえ韓国製を買う人がいるのは理解し難い。韓国車は高かろう悪かろうだから失った金額は非常に大きい。韓国ヒュンダイは25,000台を対象にリコールを実施するとしたが、この燃えた車両はそのリコール対象から外れていたらしい。何とも救いようがない。LGだろうがSKだろうが韓国製バッテリーは欠陥、よく分かる事例と言える。


コメント欄でも散々な言われようだった。リコール後も火災が続いたなら言い訳になってない、Kバッテリーがどうのという記事を見かけたが結果が伴わないという意見があった。何より恐ろしいのは、一度発火すれば熱暴走の懸念があるから水をかけただけでは鎮火と言えないという部分だ。こんな状態なら電気自動車なんて恐ろしくて買えたものではない。中国でも電気自動車はよく爆発してるというし、粗悪な中国製や韓国製を早急に排除しなければならないと言える。

欧州で韓国製自動車コナが燃えて粉になる…現代車「コナ」17件目の火災 欧州で韓国製自動車コナが燃えて粉になる…現代車「コナ」17件目の火災 Reviewed by RichKid on 6月 25, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.