SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

全米メディアと敵エースが大谷翔平を絶賛!「二刀流スターショー」oh

 エンゼルスの大谷翔平(26)は3日(日本時間4日)、本拠地で行われたレイズ戦に「2番・DH」で先発出場し、6回の第3打席で両リーグトップに並ぶ9号2ランを放つなど4打数2安打2打点の活躍を見せた。大谷は2日(同3日)のマリナーズ戦で右ヒジに死球を受け、この日予定されていた先発は回避され、試合にも3-7で負けたが、不安を打ち消す特大の一発に全米メディアから多くの称賛の声が届いた。



MLB公式サイトは「大谷が二塁打でハッスル、そして大ホームランをかっ飛ばす」との見出しを取り「エンゼルスの二刀流スターが先発を回避された試合でバットで衝撃を与える」と伝えた。


記事は「大谷は死球の影響で先発しなかったが、”二刀流スターショー”の開催は中止にならなかった。大谷はレイズに3-7で敗戦する試合の中でエリートレベルのパワーとスピードを誇示し、通常のゴロを二塁打にして、夜空に高々と2点本塁打を打ち上げた」と紹介した。


大谷は、1回の第1打席は、センター返しを心掛け、ショートがボールを弾くと、その隙を突きなんとセカンドを狙った。足でツーベースを奪い取ると、すかさず三盗を仕掛けた。これはアウトになったが、6回には最速162キロを誇りツーシームと恐ろしい落差があるカーブを武器にしている「ツーピッチ・ピッチャー」のレイズのエース右腕、タイラー・グラスノーの失投とも言えるスライダーを逃さず完璧にとらえ、バックスクリーンに高々と打球を打ち返した。



打った瞬間、手応えがあったのだろう。大谷は、すぐに走らずゆっくりと打球を見送り、控えめにバットを放り投げた。


公式サイトは、その特大アーチについて「打球速度110.3マイル(約178キロ)で、34度の角度をつけ、大谷の本塁打はおそらく航空交通管制に十分感知されるだけの高さへと舞い上がった。9本目の本塁打になり、メジャーリーグの本塁打争いのトップに並んだ」と称賛を交えて表現。



その上で、打たれたグラスノーの「大谷はとても素晴らしい。良くやっていて、とても(体の)でかい選手。良い選手なことは確かだ。大谷に対しては(最初は)良いカーブを投じることができていて、彼もそれにはまっていた。たいていの場合、ストライクゾーンの底に、良いカーブをコントロールできれば、ほとんどの選手は打つことはない。実際、彼も、そのいいカーブに何球かファウルに終わっていた。第2打席は(三振に)打ち取ったが、スライダーが抜けて、彼がそれをとらえた」というコメントを紹介した。


さらに「大谷は8回裏(の第4打席)に(本塁打を)もう1本打ちそうになったが、レフトフェンス際のわずかのところでフライアウトになった。左翼手のブレット・フィリップスがボールをつかんだ後、(中堅のケビン・)キアマイヤーと笑顔を見せ、大谷に2本目を打たれなかったことに安堵しているようだった」とレポートした。



また主軸の一人のアンソニー・レンドンが負傷退場したことにも触れ、「もしレンドンが今後の欠場を余儀なくされることになれば、攻撃面でより多くの役割が大谷や仲間たちの肩にかかってくるだろう。だが、この二刀流スターのここまでの素晴らしいプレーぶりを見る限り、パワーとスピードで、彼は、その役割を果たし十二分に(チームを)助けることができるだろう」と続けた。


CBSスポーツも、「エンゼルスの大谷が9号本塁打を叩き出す」との見出しを取り、大谷のこの日の打席内容にフォーカスした。



記事は、「大谷は大事をとって先発登板を回避したが、(死球の影響はなく)十分に健康に見え、6回にグラスノーから427フィート(約130メートル)の強打を放った。二刀流の天才は、9号で本塁打争いのトップに再び並んだ。彼は長打17本、22打点と合わせて打率.272、出塁率.318、長打率.641を打っている」と絶賛した。


地元のロサンゼルスタイムズ紙も、チームの敗戦を伝える記事の中で登板を回避した大谷について触れ、「マドン監督は『大谷は登板するには、まだ痛みが残っているが、バットを振る分には問題はない』と話していた。大谷が6回に427フィート(約130メートル)の打球を飛ばし、MLBの本塁打争いのトップに並ぶ9号本塁打を放ったことで、それは証明された」と伝えた。



「エンゼルスは、トミー・ジョン手術の後に2019年と2020年で合わせて1回1/3しか投げなかった大谷をヒジの痛みを残ったままマウンドへ送るリスクを取らなかった。マドン監督は、『95マイル(約153キロ)から100マイル(約161キロ)で90球から100球を投げようとするのは厳しいかもしれない。1日か2日かリラックスする時間を与えて、それからもう一度診断するだろう』と語った。大谷はレイズとの4試合シリーズの終盤で投げるかもしれない。もしそうでなければ、週末のドジャース戦で投げることになるだろう」と記し、回避された4度目の先発が、最短で日本時間6日のレイズ戦、遅くとも8日のドジャース戦になることを示唆した。

全米メディアと敵エースが大谷翔平を絶賛!「二刀流スターショー」oh 全米メディアと敵エースが大谷翔平を絶賛!「二刀流スターショー」oh Reviewed by RichKid on 5月 05, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.