SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

渋野日向子はを取られた…「時代錯誤ルール」批判でネット炎上ha

 大会を告知するポスターが物悲しい。ティーショットを放つ、正面からの大写しの被写体は渋野日向子(22、サントリー)一人だけ。だが、その主役は、6日にタイで開幕した米女子ゴルフの「ホンダLPGAタイランド」(サイアムCC)に出場していた。何とも間が抜けたポスターでもある。



日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は、同じく6日に開幕した女子ゴルフの今年最初の国内メジャー「ワールドレディス選手権サロンパス杯」(茨城・茨城GC東C)を欠場した渋野に対し罰金100万円を科すことを決定した。昨年大会は新型コロナ禍で中止となり、2019年大会で優勝した渋野は前回大会優勝者として出場義務があった。罰金はJLPGAのツアー規定の第5章第25条「ツアー競技優勝者の翌年度出場義務」に抵触したことによるものだった。


罰金はチャリティーに寄贈される方向だが、ネット上は、この処分に対しての批判の声で炎上した。

「米ツアー優先の選手に罰金は時代錯誤」

「海外進出する選手の足を引っ張るようなものは改定した方が良い」

「もっとルールに柔軟性があっていい」

「新型コロナの隔離期間を考えると、簡単にこの大会だけのためには帰ってこれない。今年は特別措置があっていい」



実は、同ツアー規定には、メジャーなど「海外主要トーナメントに出場する場合は出場義務を免除する」と明記されている。いわゆる海外メジャーの挑戦にまでに足枷をしたものではなかった。だが、今回、渋野が出場している「ホンダLPGAタイランド」は、主要トーナメントとしてはみなされず免除の対象にもならなかった。


罰金は4月28日の理事会で決定し、5日に「サロンパス杯」の会場で会見した森本多津子大会実行委員長は、「トーナメント規定通り、ディフェンディングチャンピオンの出場義務違反ということで罰金を支払っていただくことになっております」と説明。同席したJLPGAの小林浩美会長は「みんなが渋野さんの出場を楽しみにしていましたが、本人が米国で頑張りたいという気持ちが強く、今はあっちで頑張ってくれているので、仕方がない」と発言した。確かに新型コロナ禍の特殊な事情を考慮すれば、今大会の欠場が特例扱いとなってもおかしくはなかったが、議論はされなかったようだ。



そもそも、なぜこの世の中の人には理解が難しいようなルールが作られたのか?


ゴルフのプロトーナメント、特に国内の男女ツアーは各トーナメントを主催・協賛するスポンサーによって成り立っているという他のプロスポーツとは大きく異なる運営形態が背景にある。チケット、放映権料などの収入は微々たるもの。そのスポンサー企業にとっては、自分たちの大会に、渋野のようなスター選手が出るか出ないかは大問題。スポンサーの存在をバックにツアーを運営しているJLPGAにしてみれば、そのスポンサーメリットをできる限り守るルールを設定することも無理はない。


実は海外挑戦だけでなく、賞金が低い大会を欠場するケースも多々ある。それを防ぐためにトーナメント規定では、賞金シード選手が、同一大会(一部試合を除く)に2年連続で欠場する場合も罰金が発生することも明記されている。



過去に出場義務違反で罰金100万円が科せられたケースでは、2013年の横峯さくらがいる。横峯は12月に開催された男子ツアー、シニアツアーとの対抗戦「Hitachi 3Tours選手権」の有資格者だったが、姉の結婚式と日程が重なっていたため出場を辞退。「特別な理由でない限り、欠場は認められない」とするJLPGAに対し、横峯は「身内の結婚式は正当な理由にならないのか」と怒りを露わにして対立した。


最終的には結婚式の出席を選んだ横峯が100万円を支払ったが、両者の間に大きな溝を生むことになった。


横峯のケースはJLPGAに対応の拙さがあったことは否めない。ただ、今回の渋野は横峯とは明らかに状況が違う。スポンサーの資金頼みで成立するツアーの今の構造がある限り、出場義務というルールは厳格に守らねばならないのかもしれない。



渋野にとって「サロンパス杯」は大きな飛躍を遂げた思い出の大会だった。前年の18年のプロテストに2度目の挑戦で合格し、初出場の大会でツアー初優勝。同年の「AIG全英女子オープン」制覇につながった。その大会を米ツアーへの本格参戦という新たな目標を優先し欠場した。4月の渡米前の最後の国内ツアー「アクサレディス」(宮崎)で、「サロンパス杯」を欠場した場合の罰金について問われたときには、明確な答えはなかったが、「仕方ない」というニュアンスで返答していた。渋野も罰金の支払いは覚悟していたのだろう。


米ツアーを選択したのは、渋野の意思。もしツアー規定にある「JLPGAが特別に認めた場合」を適用し、理事会が“無罰“の決定を下していた方が物議を醸していたのかもしれない。新型コロナ禍の特殊事情を「特例」にあてはめることはできたのかもしれないが、JLPGAとすれば、今回のようなルールを時代錯誤と批判されるよりも、「渋野だけを特別扱い」という声が身内から起きる方が怖かったのかもしれない。海外ツアーがどんどん優先されて国内ツアーが空洞化しても困る。スポンサーサイドから「もう罰金はなしでよし」と提言しない限り、現実問題として、このルールの根本的な見直しは難しいのかもしれない。

渋野日向子はを取られた…「時代錯誤ルール」批判でネット炎上ha 渋野日向子はを取られた…「時代錯誤ルール」批判でネット炎上ha Reviewed by RichKid on 5月 07, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.