SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

 欧州、アジアで謎の脳損傷、米外交官ら130人以上

 米紙ニューヨーク・タイムズは12日、キューバや中国に駐在していた米外交官らが脳に損傷を受ける事例が2016年から相次いでいる問題で、被害者の数はこれまで知られていた約60人よりはるかに多い130人以上に上ると報じた。



欧州や中国以外のアジアで新たに確認されたが、同紙はアジアの地域がどこかは伝えていない。


ロシアの関与やマイクロ波による攻撃を疑う情報はあったものの、バイデン政権は米国を狙った攻撃かどうかも断定はしていないという。


中央情報局(CIA)や国防総省の職員らも被害を受けた。19年には外国で勤務する米軍当局者が運転する車が交差点に差し掛かったところ、吐き気と頭痛に襲われ、後部座席にいた2歳の息子が泣きだしたが、交差点から離れると吐き気は収まった。



この事例を受け、より広範な調査が始まった。ただ、国家情報長官室の報道官は「現時点で、原因に関する明確な情報は持っていない」と述べている。 


脳損傷を受けるという事例は最初、2016年にキューバのハバナで起きたことから「ハバナ症候群」と呼ばれています。この時は、アメリカ大使館のスタッフが多数、頭痛、耳鳴り、めまい、記憶障害などの症状を訴え、中にはそのために早期退職した人もいます。2018年には中国広州のアメリカ大使館のスタッフが、2020年にはシリアの米軍がハバナ症候群に似た症状を訴えました。


最初は米国外で報告されていた「ハバナ症候群」ですが、最近ではホワイトハウスのスタッフや国家安全保障会議の高官も類似した症状に襲われており、ペンタゴンはマイクロ波兵器を探知する装着型センサーを開発しているとも報じられてます。



中性子爆弾を小型化したような兵器を連想する。中性子爆弾は建物に損傷を与えず生物のみ殺傷する兵器だから、こういうインフラを壊さず攻撃できるものは軍事的に便利。中性子線を、銃のような形式の兵器で局所的に照射すれば、乗り物とかを壊さず内部の人だけ殺せる。中国はモラルの低い国だし、そういう武器開発をやりそう。

 欧州、アジアで謎の脳損傷、米外交官ら130人以上  欧州、アジアで謎の脳損傷、米外交官ら130人以上 Reviewed by RichKid on 5月 14, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.