SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

東京オリンピックは国内観客の入場制限判断…「とても無理なら」東京五輪は中止?to

 新型コロナウイルスの感染拡大で今夏に延期された東京オリンピックの国内観客の入場制限について、大会組織委員会は6月に結論を先送りする検討に入った。20日、関係者への取材で明らかになった。今月末に開く予定の組織委、東京都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)との5者協議で提案する。



3月に受け入れ断念を決めた海外観客に続いて、国内観客の上限数も4月中に判断するとしていたが、感染力が強いとされる変異株による感染再拡大で月内に結論を出すのは難しいと判断した。


大阪府は20日に3度目の緊急事態宣言の発令を要請し、東京都も宣言の発令を要請する方針を固めた。昨年12月、政府が都、組織委とまとめた東京大会における感染対策の「中間整理」では国内の上限規制に準じるとの基本方針を示していた。5月の連休以降まで緊急事態宣言が長引けば、宣言下での決定は難しく、最終判断を6月とした。「まん延防止等重点措置」が適用される都などでは、プロ野球など大規模イベントの観客数は5000人に制限される。現在の開催状況を踏まえて判断するのは得策ではないとの計算もあった。



組織委関係者によると、観客数を大幅に制限する場合、チケット保有者の再抽選による絞り込みの作業が必要で、先延ばしできるのは7月23日の開幕の1カ月前が限界という。


五輪の観客を巡り、IOCのトーマス・バッハ会長は3月のIOC総会で「5、6月の進展も考慮するため扉は開いておく必要がある」として可能な限り判断時期を遅らせる考えを示していたが、組織委は運営準備の影響を懸念して4月に判断するとの姿勢を強調していた。


感染拡大で「とても無理なら」東京五輪は中止?



自民党の二階俊博幹事長が4月15日、東京オリンピック・パラリンピックの開催について「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃいけない」と発言したことが注目を集めている。Twitterでは「#五輪とても無理です」というハッシュタグが一時トレンド5位に浮上した。そんな中、政府の新型コロナ分科会の尾身茂会長は分科会後の会見で五輪開催の是非を問われ、「五輪関係なしに、いまの東京はこの重点措置成功させないといけない」とコメントした。


二階氏はその後釈明


二階氏の話題の発言は、TBSのCS番組収録で語られたものだ。



政府は五輪開催に前向きな姿勢を維持しているため、与党の幹事長が五輪の中止もあり得るとした発言が、話題となった。


その後、二階氏は「何が何でも開催するのかと問われれば、それは違うという意味で発言した」と文書で釈明。


五輪について「「ぜひ成功させたいという思いだ」と改めて強調した。


「五輪関係なしに、今の東京はこの重点措置を成功させないといけない」


4月15日午後、分科会での協議を終えた尾身会長は、五輪開催の是非を問う報道陣に、次のように語った。



「国会でも聞かれたんですけど、開催については我々分科会、諮問委員会、アドバイザリーボードでも意見を求められていない。だから、二階幹事長の考えが良い悪いというべきでない。オリンピック組織委員会のメンバーでもないので、詳しい状況はわからないし、コメントは差し控えるべきだと思います」


「その上で、五輪とは関係なしに、今の東京はこの重点措置を成功させないといけない。知事はじめ皆さんが一生懸命取り組まれていることには敬意を表しますが、大阪は最初のラインを超えてしまっている、東京はこういうことに絶対ならない、させない」



「そのためには、はやめに想像しないといけません。想像というとイメージが伝わらないかもしれませんね。想定あるいは推定です。過去のデータを見ると、人の動きが減らないままだと、感染が急激に拡大することは間違いない。結果を見てからでは遅い。医療の逼迫、去年起きたようなことは絶対に避けるべきです」

東京オリンピックは国内観客の入場制限判断…「とても無理なら」東京五輪は中止?to 東京オリンピックは国内観客の入場制限判断…「とても無理なら」東京五輪は中止?to Reviewed by RichKid on 4月 21, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.