SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

テームズに厳しい声、今季絶望的!巨人に悲劇tha

 9年ぶり日本一奪回の戦力として期待された巨人の新助っ人、エリック・テームズ外野手(34)が、日本デビュー戦となった27日のヤクルト戦(神宮)でまさかの右アキレス腱断裂。長期離脱が決定的となった。「6番・左翼」でデビューした助っ人は3回の守備で右足を負傷し、救急車で病院に運ばれた。そんなテームズにチーム内からは「外野では使いようがない」と厳しい声が突きつけられた。



まさかのアクシデントだった。肌寒さが残る中、半袖姿でプレーしたテームズは1点リードの3回一死一、二塁でオスナが2安打の活躍を見せ、ウィーラーが9回の勝ち越し2号ソロを含む4打数4安打と爆発。4番・岡本和の通算100号となる4号2ランなど今季最多となる21安打、4本塁打、最多14得点で14―11と勝利。それでも年俸1億2500万円(推定)、メジャー96発助っ人の離脱に原監督は「まあしょうがないですよな、何と言うかね」と表情を曇らせた。


テームズの今季中の復帰はかなり厳しいが、チーム内からは「今日の守備を見ると、仮にケガが治ったとしても外野では使いづらい」といきなりの〝ダメ出し〟がされた。ライバル球団関係者も「二軍戦から見ているけど、外野守備はラミレス(元巨人)よりひどい。とても外野ができるとは思えない」と同じ意見だった。



テレビ越しでも目を覆いたくなる光景に球場の静寂が、その痛々しさに拍車を掛ける。グラウンドで悶絶(もんぜつ)するテームズが担架で運ばれ、病院に急行した。一般的に全治は「6~8カ月」で19年6月に同じ箇所を故障したオリックスの伏見も全治に8カ月を要した。今季中の復帰は絶望的と言える。


実際、テームズは韓国リーグ、メジャーで一塁626試合に対し左翼131試合、右翼110試合と一塁が本職。19年から2年間、外野守備はしてなかった。だが巨人はメジャー196発スモークを2年6億2000万円(推定)で獲得。スモークは一塁しか守れず、テームズを外野で起用するしかなかった。



もちろんテームズの打力は2年連続日本シリーズ4連敗の巨人にとって必要だった。巨人の長年の伝統を壊しテームズの両腕のタトゥー露出も認めていたほど。それだけに球団フロントも「大丈夫じゃないよ。大変だよ」とまさかの離脱に動揺を隠せなかった。


もっともこの日、ウィーラーが発奮したように、出場機会が減るはずだった選手にとっては巡ってきたチャンス。果たして衝撃のテームズ離脱を巨人が〝ケガの功名〟とできるか。



入国制限により球界全体で新外国人が困難な調整を強いられた。テームズも春季キャンプに参加できず、来日は3月29日。隔離期間の後に約2週間で理想体重を目指した。急ピッチで体を仕上げたが、この日は寒風が吹く中での試合。同じ新外国人で23日の西武戦の来日初打席で左腹斜筋を損傷して登録を抹消された楽天・カスティーヨのような悲劇が繰り返された。


指揮官が「ルールの中でベストを尽くすことに変わりない」と語った無観客試合は両軍計7本塁打が飛び交った。同点の9回に3本塁打を浴びせて勝利。だが、余韻に浸れる内容ではなかった。



◆エリック・テームズ 1986年11月10日生まれ、米カリフォルニア州出身の34歳。11年にブルージェイズでメジャーデビュー。14年に韓国プロ野球のNCに移籍し、3年間で通算124本塁打。15年には47本塁打、40盗塁の「40―40(フォーティー・フォーティー)」を達成した。17年にブルワーズでメジャー復帰し、31本塁打をマーク。米通算96本塁打で、昨季はナショナルズでプレーした。1メートル80、106キロ。右投げ左打ち。


テームズに厳しい声、今季絶望的!巨人に悲劇tha テームズに厳しい声、今季絶望的!巨人に悲劇tha Reviewed by RichKid on 4月 28, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.