SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

元マラソン選手瀬古利彦さんの長男…「子供に先立たれると辛い」seko

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(64)の長男、昴(すばる)さんが13日午後10時37分、悪性リンパ腫の一種、ホジキンリンパ腫のため死去した。34歳だった。家族が16日、発表した。通夜、告別式は家族葬で執り行われる。喪主は利彦氏。



ご子息の看病や見守る辛さを微塵も感じさせず、強化プロジェクトリーダーとして日本のマラソン界を一変させた業績に、ただただ感服しかありません。ご子息のご冥福を心よりお祈りいたします。


昴さんは12年からホジキンリンパ腫を発症し、入退院を繰り返していた。化学療法、骨髄移植などの治療を受けていた。今年3月には難病との闘いを明るい筆致で描いた著書「がんマラソンのトップランナー」を出版していた。利彦氏は「とても厳しい治療を何度も乗り越えながら、彼は常に明るく前向きに生きました。そして自分と同じく病に苦しむ人を励まし、勇気づけようとしていた彼の姿は親の目から見ても尊敬できるものでした。今はただゆっくり休んでほしいと思います」との談話を出した。


昴さんは8年前から悪性リンパ腫の一種であるホジキンリンパ腫で闘病していた。



ホジキンリンパ腫 悪性リンパ腫のひとつ。国立がん研究センターのウェブサイトによると、首や脇の下、足の付け根などリンパ節の多いところに痛みのないしこりとして現れ、病状が進むと全身に腫れが広がる。日本では欧米に比べて発症頻度は低いとされ、悪性リンパ腫の約10%を占める程度という。20歳代、50~60代の2つの年代で増加傾向があるとしている。発症の原因はまだ明らかではないという。


もう一度、マラソンの日本記録に喜んでおられたので知りませんでした。経験はないですが子供に先立たれると辛いとよくお聞きします。息子様も辛かったでしょう。実際私も想像出来ません。息子様の御冥福を御祈りします。

元マラソン選手瀬古利彦さんの長男…「子供に先立たれると辛い」seko 元マラソン選手瀬古利彦さんの長男…「子供に先立たれると辛い」seko Reviewed by RichKid on 4月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.