SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

岡本夏生さんにイベントで「暴力的キス」…東京地裁の判決oka

 タレントの岡本夏生さんが、イベントのステージで同業のふかわりょうさんから強引にキスされるわいせつ行為を受けたとして損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。



男沢聡子裁判長はキスが「一方的かつ暴力的だった」と認め、請求通り1円の賠償を命じた。


判決によると、2人は2016年4月、約300人の観客が参加したイベントを開催。ふかわさんは上半身裸でステージに登場し、岡本さんを押し倒した上、3度にわたり強引にキスをするなどした。


男沢裁判長は、岡本さんが当時、抵抗し拒絶していたと認定。ふかわさん側は「観客を笑わせるための芸として一般的だ」と主張したが、同意を得ていないなどとして退けた。



その上で、キスは不法行為に該当するとし、ふかわさんは損害賠償として80万円を支払う義務を負うと判断。その一部として1円の支払いを命じた。 


もともと、メディアでむりやりキスする等という「芸」を目にした時、ほとんど面白くはない割に、被害を受ける側を見ても心底納得している様子も見受けられなかったが、いみじくもそのことを浮き彫りにした珍しい裁判例です。これからこういう演出は減るでしょう。そうでなければ番組側も連帯責任を負う可能性がこれからはあります。


リハーサルでお互いに打ち合わせでこうしようと同意してのことでなければ、わいせつ行為には違いなく、押し倒して無理にということは暴行にもあたり、強制わいせつが成立しなくても女性からすると笑い事ではすまない内容です。人が嫌がるのをみて笑いにするのはいじめと変わらないのではないでしょうか?この様な笑いは今の時代は求められていないと思います。この様な映像をみて真似をする子供たちがいるかもしれません。真似されてもよい健全で元気になる笑いを創って頂きたいです。



岡本夏生さんがふかわりょう氏の舞台上で強引にキスをされたことを訴えた事案で、判決はふかわ氏の行為を不法行為と認めた。


意に反するキスは強制わいせつに該当するという判例もある。しかも、報道によれば、300人もの前で暴力的に3度もキスしたというのであり、さらし者にされ屈辱を味わったことは想像に難くない。


このような行為が「演出」「ネタ」として正当化されれば、特に女性タレントはいかなる性的な侵害行為も耐えなければならないことになる。

この事件が5年間も特段芸能界で問題とされてこなかったのは、芸能界の人権意識の低さに起因するのか。タレントや事務所の力関係で、性暴力が隠蔽されるようなことがあってはならないだろう。



お笑いタレントにも踏みにじられてはならない一線があるはずだ。その点で判決の意義は大きいと言える。芸や演出の名のもとに演者の尊厳を踏みにじってもよいとする風潮を再考するべきだ。


素朴な疑問がいくつかあります。一つ目は、約5年前の事件の判決が5年後の今下されたことです。それほど複雑でない通常の民事裁判で判決まで5年掛かるのは非常に長いからです。提訴前に岡本夏生さんが十分に検討する時間が必要だったので提訴が遅れたのでしょうか。2つ目は、なぜ1円の損害賠償請求なのか。慰謝料は求めておらず、不法行為の事実を認定してもらえれば満足されたのでしょう。もう一つ疑問なのは、ふかわさん側も、岡本さんがブログでキスを批判したことなどを名誉毀損として反訴していましたが、なぜ1円の損害賠償請求であったのか。(結局反訴は認められませんでしたが)これも事実を認定してもらえれば良いとする岡本夏生さんの1円請求と同じ趣旨でしょう。当事者が判決に不服で控訴する場合には、2週間以内に行う必要があります。

岡本夏生さんにイベントで「暴力的キス」…東京地裁の判決oka 岡本夏生さんにイベントで「暴力的キス」…東京地裁の判決oka Reviewed by RichKid on 4月 28, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.