SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

錦織圭はガリンにリベンジし3回戦進出…ナダル戦は「チャンスはあると思う」nis

 今大会2度の優勝を誇る世界39位で日本のエースの錦織圭(31歳)が、リベンジで3回戦に進出だ。昨年のハンブルクで3ゲームしか奪えなかった第13シードで同22位のガリン(チリ)に7-6、4-6、6-1のフルセットで勝ち、3回戦で同3位のナダル(スペイン)と対戦する。対戦成績は錦織から2勝11敗だ。



もつれにもつれた第1セットを、タイブレークで奪ったのが大きかった。お互いにサービスゲームを3度ずつ落とす波の激しいプレー。タイブレークも3-5と劣勢だったが、そこから4点を連取して逆転だ。


第2セットは落としたが、最終セットは一気に5ゲームを連取。好ショットと凡ミスが交互に出る難しいリズムだったが、最後は球に食らいつき、5度の優勝すべてがクレーの巧者、ガリンを下した。「最終セットはいい形で、どんどんフォアで回り込んで打てて行けた」。





3回戦のナダルとは、19年全仏準々決勝以来の対戦となる。世界トップ3との対戦は、19年ウィンブルドン準々決勝、当時3位だったフェデラー(スイス)との試合以来だ。復活途上の錦織にとって、どこまで戦えるか楽しみな1戦だ。


試合後、錦織は自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」に動画を投稿し「ちょっと疲労もありますが、明日のラファ戦を頑張りたいと思います」と語った。


「ラファはラファ。クレーで最もタフな相手。そりゃ、やらないにこしたことはないけれど、テストという意味ではいい戦いになると思うし、今日もだけど、負けて失うものは特に(ない)。1回戦の後だったら不安もあったが、(勝つ)チャンスは高くないけど、あるとは思っている。頑張りたいなと思う」



3回戦で顔を合わせるナダルとは14度目の対戦で、錦織の2勝11敗。直近は2019年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準々決勝で、そのときはナダルにストレート負けを喫している。


ナダルは2回戦で、予選から勝ち上がってきた世界ランク111位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)を逆転で下しての勝ち上がり。


これまでの錦織はバルセロナ・オープンで2014・2015年に2連覇している。



一方のナダルは2018年以来3年ぶり12度目のバルセロナ・オープン制覇を狙う。前週のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)では準々決勝で敗退している。

錦織圭はガリンにリベンジし3回戦進出…ナダル戦は「チャンスはあると思う」nis 錦織圭はガリンにリベンジし3回戦進出…ナダル戦は「チャンスはあると思う」nis Reviewed by RichKid on 4月 22, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.