SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

悪夢のKOデビューも...移籍前から囁かれていた懸念の声!「不安視されていたここ数年の成績」

 巨人・井納翔一が新天地での初登板。待ち受けていたのは悪夢だった。



2021年3月31日の中日戦(バンテリンドーム)。プロ最短の1回0/3、5安打4失点KO。まだ1試合の登板だったが、試合後に2軍降格が決まった。


■不安視されていたここ数年の成績


内容が悪すぎた。


初回に3点の援護を受けてマウンドに上がったが、決め球がことごとく甘く入る。大島洋平、阿部寿樹に連打を浴びて無死二、三塁のピンチを作ると、高橋周平に右前へ2点適時打を浴びる。続くビシエドにも右前打で4連打と歯止めが利かない。平田良介は遊ゴロ併殺に仕留めたが、三塁走者が生還して同点に追いつかれた。



仕切り直しの2回も立ち直る兆しがない。先頭の木下拓哉に左中間へ二塁打を許し、無死二塁にピンチを作ったところで原監督は我慢の限界だった。投手交代を告げると、井納は肩を落として三塁ベンチに下がった。


この回に救援した高木京介が根尾昂に適時打を浴びて勝ち越しを許す。井納の乱調が響き、チームは今季初黒星を喫した。


DeNAから昨オフにFAで移籍した井納には懐疑的な見方が少なくなかった。



身長188センチの長身からしなやかなフォームで直球、フォーク、スライダー、カットボールとすべての球の質が高い。本格派右腕として能力は他球団のエースと見劣りしないが、昨年までの通算8年間で2ケタ勝利は14年の11勝のみ。18年以降は1軍とファームを行き来し、投球回数は3年連続で100イニングに到達していない。


「井納は投げてみなければ分からない」


「井納は投げてみなければ分からない投手です。完ぺきに抑えたかと思えば、次の登板で序盤にあっさり崩れる。計算ができない投手なので先発ローテーションにも定着できなかった。

  

昨オフにFA宣言した時もDeNAは熱心に引き止めなかったと聞いています。むしろ、チームメートからは『巨人に行って大丈夫?』と心配の声が上がっていました」。(スポーツ紙遊軍記者)



巨人にFA移籍した選手が活躍するとは限らない。野口茂樹は中日から05年オフにFAで移籍したが、2年間で1勝のみに終わり07年限りで戦力外通告。横浜(現DeNA)から06年オフに移籍した門倉健も2年間で1勝と結果を残せず、08年限りで退団した。


近年では野上亮磨が17年オフにFA移籍したが、18年は4勝と先発で結果を残せず。救援に回った19年は1勝。10月に左アキレス腱断裂し、昨年は1軍登板なしに終わった。今季は4月2日のヤクルト戦で605日ぶりの1軍マウンドに上がり、6回2失点の好投を見せたが、打線の援護なく敗戦投手となった。


ネット上では「井納をなぜ獲ったんだろう。DeNAで結果を残していたわけでもないし、生え抜きの選手を使ってほしい。今のままだと野上2世だよ」、「イニングを食える選手と言うけど負け試合も多かった。巨人で成功すると思えない」など辛らつな声が。

悪夢のKOデビューも...移籍前から囁かれていた懸念の声!「不安視されていたここ数年の成績」 悪夢のKOデビューも...移籍前から囁かれていた懸念の声!「不安視されていたここ数年の成績」 Reviewed by RichKid on 4月 04, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.