SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

西岡剛が敢えて語る“球界改革”…「このままでは野球界は衰退する」kid

 野球を愛しているからこそ、野球に育てられたからこそ、現状がもどかしい。2018年限りで阪神を戦力外となって3年目。西岡剛内野手は独立リーグに身を置き、見えてきた“球界の景色”がある。コロナ禍でプロアマ問わず打撃を受けた現実を直視。様々なエンターテインメントが日々生まれては消えていく時代のスピードに「このままでは、野球界は衰退してしまう」。当事者として危機を感じ、改革の必要性を敢えて口に出す。



1年延期された東京五輪まで3か月余り。大会期間中はNPB12球団の試合はストップする。例えば、その“空白”を使ったイベントは考えられないか。西岡は日頃からそんな大胆な夢プランに思いを巡らしている。


「サッカーの天皇杯みたいな大会をやったら絶対に面白い。NPB12球団に独立リーグ、社会人や大学の強豪を集めてトーナメント形式でね」


サッカーの世界でも、大学生がJリーグクラブに勝利することは稀にある。野球だって、必ずしもNPBが勝つとは限らない。堅実に1点を取りに行くアマチュアチームが番狂わせを起こすかもしれない。「それが野球の醍醐味。台本がないからスポーツは面白い。しっかりそれを伝えることができれば、野球ファンはもっと増えると思う」。実現するのが並大抵の難しさでないことくらいは、野球人のひとりとして心得ている。だが、それほど劇的な“カンフル剤”が必要だとも思う。



スポーツエンターテインメントとして、いかにファンを楽しませられるか。観客動員に制限を設けながら開幕した今季のNPBの試合を見ていても、物足りなさを感じる。「声は出せないのは仕方ないとして、もっとファウル打った時とかに音楽を流して、ファンもリズムに乗れるようにしてほしい。無音の中で試合をするって、選手はかなりきついですから」。メジャーリーグで経験した“ボールパーク感”を求める。


時代とともに変わる価値観「厳しくやるだけでは…」


さらに、未来を見据えた問題にも目を向ける。選手への指導も、そのひとつ。「厳しくやるだけでは、若い子たちは伸び伸びできない。もう時代が違うことを分からないといけない」。西岡自身、いま身をもって感じている。2019年からプレーするルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでは、20歳前後の若い選手が多い。正直、自らが培ってきた価値観では理解しづらい言動もある。ただ、それを否定する権利はない。「僕らが彼らに合わせていくというのも大事だし、彼らから学ぶことも多い」と言う。



独立リーガーとなって3年目。華やかなNPBとは一線を画した現実を目の当たりにしてきた。「ここまで独立リーグを続けてきたことはすごいし、スポンサーの方々のおかげでできていることは感謝しないといけない」と理解はする。ただ、現状からさらに発展していくために敢えて課題を挙げる。


「“プロ”という名がつくなら、バイトをしながらやる環境ではダメ。家族を持ってでも生活を続けられるリーグにしていかないといけない。それが無理なら、アマチュアでいいという話になる」



チームメートの若手たちはNPBを目指し、自らを日々追い込む。ただ、一歩グラウンドを出ると、500円でいかに食事を済ますかを考えている。「選手にとって一番大事なのは、トレーニングした後の補給と休息。それが十分にできない環境は良くない」。プレーの対価をもらうのがプロ。本質的な問題から目を背けるべきでないという。


こうも次々と持論を発信するのは、なにも不満や批判からではない。「野球って、めちゃくちゃ面白いですからね。だから、今のままではもったいない。野球界全体が、そろそろ変わっていかないといけない時期」。きっと批判もある。反対意見もある。現実はそんなに簡単じゃない。でも、見過ごしてはいられない。



「今すぐに変わるのは無理だと分かっています。でも僕が50歳、60歳になった時『あぁ、変わったな』と思える野球界であってほしい」


野球人・西岡剛は、切にそう願っている。

西岡剛が敢えて語る“球界改革”…「このままでは野球界は衰退する」kid 西岡剛が敢えて語る“球界改革”…「このままでは野球界は衰退する」kid Reviewed by RichKid on 4月 20, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.