SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

慶応大野球部に“異変”が起きていた!清原和博氏の長男kazu

 全国には26の大学野球連盟があるが、歴史と知名度で圧倒的なナンバーワンと言えるのが東京六大学だ。一つの競技に一つと決められている天皇杯は、プロ野球の日本一を勝ち取ったチームではなく、東京六大学のリーグ戦優勝チームが授与することになっていることからも、その存在の大きさが分かるだろう。



東京六大学だ。一つの競技に一つと決められている天皇杯は、プロ野球の日本一を勝ち取ったチームではなく、東京六大学のリーグ戦優勝チームが授与することになっていることからも、その存在の大きさが分かるだろう。


最高学府と言われる東京大を除く、5チームには毎年のようにプロからの注目度の高い選手が入学し、そのレベルの高さも全国で指折りであるが、今年は少し様子が違うようだ。



異変が起こっているのが過去5年間で明治大と並んで3度の優勝を飾っている慶応大だ。東京六大学野球連盟のホームページには、6チーム全ての登録部員が公開されているが、慶応大の1年生を見ると2年生以上の上級生と比べても明らかに野球の強豪校出身の選手が少ないことが分かる。


大学の付属である慶応高校を除くと、甲子園の常連校出身と言える選手は、新井朝陽(三重)と藤田大和(静岡)だけ。しかも藤田は東京大への進学を目指して2年間の浪人のすえ、慶応大に進学しており、完全に野球の実力で入学してきたわけではない。



高校時代に甲子園出場経験があるのは、投手の浮橋幸太(冨岡西)だけであり、その浮橋も1年間の浪人を経て進学している。また、元巨人・清原和博氏の長男で、高校ではアメリカンフットボールに転じていた清原正吾(慶応高・一塁手)の入部が話題となっていたが、高校野球を経験していないだけにその実力は未知数と言わざるを得ないだろう。藤田大和(静岡)だけ。しかも藤田は東京大への進学を目指して2年間の浪人のすえ、慶応大に進学しており、完全に野球の実力で入学してきたわけではない。


高校時代に甲子園出場経験があるのは、投手の浮橋幸太(冨岡西)だけであり、その浮橋も1年間の浪人を経て進学している。また、元巨人・清原和博氏の長男で、高校ではアメリカンフットボールに転じていた清原正吾(慶応高・一塁手)の入部が話題となっていたが、高校野球を経験していないだけにその実力は未知数と言わざるを得ないだろう。



「ノーヒットワンラン」の敗戦


その背景にあると言われているのが高橋宏斗の存在と、入試制度の問題である。高校ナンバーワンの呼び声も高かった高橋は兄と同じ慶応大への進学を目指していたが、AO入試に不合格となったことでプロ志望に転じ、ドラフト1位で中日に入団している。


高橋以外にも多くの強豪校から慶応大への進学希望者がいたものの、ことごとく不合格となり、他の大学や社会人チームへ進んだという。高橋ほどの選手が不合格になるのであれば、それ以外の選手にも合格を出しづらいと判断したとしても不思議のないことだろう。また、例年のAO入試は書類審査と面接によって行われているが、昨年はコロナ禍の影響で書類審査のみとなっており、その点も影響したと言われている。


有名高校球児の慶応大受験について話題となるのは、これが初めてのことではない。1973年には“昭和の怪物”と言われた作新学院の江川卓が不合格となり、結局、江川は東京六大学のライバルでもある法政大へ進学。また、92年には夏の甲子園で優勝投手となった森尾和貴(西日本短大付→新日鉄八幡)も合格できず、社会人野球へ進んだ。



ちなみに、江川が入学した後の法政大は76年春からリーグ戦4連覇を達成するなど黄金時代となり、江川の在学期間中、慶応大は一度も優勝することができていない。また、森尾が不合格となった後の4年間も慶応大は優勝を逃し続けている。


当時と比べると、付属の慶応高校から入部してくる選手のレベルが上がっており、上級生にも力のある選手が多く、いきなり弱体化することは考えづらいが、開幕カードの法政大戦の初戦でいきなり「ノーヒットワンラン」(ノーヒットで1得点)の敗戦を喫したのは幸先が悪いと言えそうだ。“陸の王者”がこのまま低迷期に入ってしまうのか、今後の戦いぶりに注目したい。

慶応大野球部に“異変”が起きていた!清原和博氏の長男kazu 慶応大野球部に“異変”が起きていた!清原和博氏の長男kazu Reviewed by RichKid on 4月 19, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.