SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国選手がパット外した“怒りの瞬間”!米国注目「お里が知れる行為」kan

 米男子ゴルフのRBCヘリテージで、パットを外した後にクラブを蹴り上げた韓国人ゴルファーが注目されている。現地時間16日、ハーバー・タウンGLで行われた第2日の18番。グリーン上でパターが宙を舞った実際の様子について、米メディアは「怒り狂う」「ドロップキック」などと報じている。



最後の最後に、納得がいかなかったようだ。カン・スンは3連続バーディーを奪って迎えた最終18番。パーパットを右に外し、スコアを落とすことに。すると、持っていたパターを宙に投げ、そのまま左足で蹴り飛ばしてしまった。パターは草むらの方角へ。現地の実況席からも「Oh……痛そうだ」「ドロップキックだ」などと驚きの声があがっている。


実際の映像を、米専門局「ゴルフチャンネル」で編集記者を務めていたサマンサ・マークス氏が自身のツイッターに公開したほか、米専門メディア「ゴルフ.com」は「『ドロップキックだ』カン・スンがパター失敗で、怒り狂う」と見出しを打って記事を掲載している。



記事では「ハーバー・タウンGLで開催されたRBCヘリテージの18番第4打で6フィート(約183センチ)のパーパットを外してしまった。3連続バーディーのあとだった」「パットが右に逸れて、彼はパターを蹴飛ばした。飛んだパターはハザードまであと2.3フィートといったところか」と伝えられている。


映像を目の当たりにした米ファンからは「綺麗に決まったね」「完璧じゃん」「私たちと一緒だ」「大笑いした」「やばい」などとコメントが寄せられている。なお、カン・スンはこの後、パターを拾い上げてボギーに。この日は5バーディー、2ボギーで3つスコアを伸ばし、通算6アンダーで16位としている。



松山選手や彼を支えた早藤キャディーの礼節が評価される裏側では、こんな事があったんだ。スポーツに対する文化の違いだろうか、これでは例え勝利したとしても世界のゴルフファンから祝福を受ける事は難しいだろう。


道具を支給しているスポンサーがいる、子供も見ている、昔F1にスポット参戦した日本人ドライバーがリタイアしてステアリングを投げつけたのに対し、日本人ドライバーの先輩が否定的なコメントを出したのを思い出しました。モノに当たるようではプロとして失格だと思います。

韓国選手がパット外した“怒りの瞬間”!米国注目「お里が知れる行為」kan 韓国選手がパット外した“怒りの瞬間”!米国注目「お里が知れる行為」kan Reviewed by RichKid on 4月 18, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.