SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ソフトバンク守護神森が離脱へ「肘が腫れている」…「代役」は?ka

 福岡ソフトバンクの森唯斗投手(29歳)が左肘の腫れにより、15日のオリックス戦(ペイペイドーム)の試合前練習に参加しなかった。練習中に取材対応した工藤監督は「投げる方と反対の肘が腫れている。遠征にも今のところ連れて行かない予定」と説明した。



プレー中の負傷ではないというが、16日からの西武3連戦(メットライフドーム)には同行せず患部の状態を確認していく。


森は今季8試合に登板し1勝4セーブ、防御率1・13と安定した投球を見せていた。左肘の腫れはプレー中のアクシデントによるものではないといい、工藤監督は「ウイルスとか菌とかいろんなものが考えられる」と話した。


昔松中もお尻のできもので大変だった。酷いものだと壊死したり命に関わるような症状になることもあるから、早くしっかり治して欲しい。



14日の試合、3点リードの9回に登板してきっちりセーブを挙げました。その際も左肘にテーピングを張っており、すでに腫れが出ていたのかもしれません。


今日時点で球団スタッフによれば、パッと見で分かるほど腫れているとか。工藤監督の口ぶりでは大事には至っていないようですが、早い復帰を願うばかりです。


現時点では、16日からの西武3連戦(メットライフ)を守護神抜きで戦う方針。代役筆頭にはモイネロが挙がるが、指揮官は「9回で使うか、打順によって8回にしてみたりというのもある。試合の中で鍵になるところではモイネロに行ってもらう。その辺も投手コーチとシミュレーションしている」とプランを明かした。



相手布陣と戦況を見極めながら、重厚なリリーフ陣を臨機応変に起用する。やりくり上手で知られる指揮官は「腕の見せ所ですね。頑張ります!」と腕をまくった。

ソフトバンク守護神森が離脱へ「肘が腫れている」…「代役」は?ka ソフトバンク守護神森が離脱へ「肘が腫れている」…「代役」は?ka Reviewed by RichKid on 4月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.