SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本ゴルフ史に名を残す、松山英樹が日本人初マスターズ優勝hideki

 海外男子メジャーのマスターズは11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹が通算10アンダーで悲願のメジャー初制覇を果たした。



4打差リードの単独トップから出た松山は、出だしの1番パー4はティーショットを右に曲げボギーとしたが、2番パー5でバンカーからの第3打目を寄せてバーディを奪う。3番から7番はパーとし、8番パー5はグリーン奥からの第3打目を約1メートルに寄せてバーディ。続く9番パー4も第2打目を約1メートルにつけバーディと2アンダーで折り返した。


10番、11番はパー。12番パー3はティーショットを奥のバンカーに入れて寄せきれずボギーとしたが、13番パー5でグリーン奥からのアプローチを約30センチにつけタップインバーディ。14番はパーセーブ、15番パー5は第2打目がグリーン奥の池に入りボギー、16番パー3はグリーンを捉えるも約12メートルの難しいバーディパットから3パットのボギー。17番はパー、18番はボギーとしたが、トータル4バーディ、5ボギーの1オーバー「73」を記録し快挙を成し遂げた。



この優勝で松山は、マスターズ覇者に贈られるグリーンジャケットに袖を通す初のアジア人選手に。また、樋口久子(1977年/全米女子プロゴルフ選手権)、井戸木鴻樹(2013年/全米プロシニアゴルフ選手権)、渋野日向子(2019年/AIG全英女子オープン)に次ぐ、海外メジャー大会を制した4人目の日本人選手となった。


さらにマスターズ前週に開催されたオーガスタ・ナショナル女子アマで梶谷翼が優勝と、2週連続で日本人選手がゴルフの聖地で頂点に立った。


通算9アンダー単独2位にウィル・ザラトリス(米)、通算7アンダー3位タイにジョーダン・スピース(米)、ザンダー・シャウフェレ(米)が入った。


これがメジャー初優勝に向けてのプレッシャーなのか。



松山は難関の1番パー4の第1打を大きくミスした。ドライバーを握らず、番手を落とした3番ウッドで放ったボールは大きく右に曲がり、林へ消えた。第2打も、あわや木を直撃する危ないショットだった。フェアウェーからの第3打は全くピンに寄らず、10メートルのパーパットを残した。


しかし、振り返ってみれば、ドタバタしたのは、第3打までだった。パーパットは入らなかったもののカップ縁に止まる完璧な距離感だった。


1番をボギーでスタートした松山は通算10アンダーに後退。その時点で、1、2番をバーディーで発進し、通算9アンダーとしたウィル・ザラトリス(24)に1打差に迫られた。4打あった差は、アッという間に1打差まで肉薄されたが、ここから松山が本来の姿を取り戻した。


2番パー5ではドライバーで放った第1打がフェアウェーを捕らえ、第2打をグリーン手前のバンカーへ。第3打を1メートルに寄せて、バーディー奪取。スコアを通算11アンダーに戻した。



3番パー4、4番パー3はパーをセーブして迎えた最難関の5番パー4。第1打を左バンカーに入れ、第2打をフェアウェーに刻む。残り96ヤードの第3打はピン左約6メートルに残したが、長いパーパットを強気のタッチで沈め、最難関ホールを切り抜けた。


松山は6番パー3では4メートル、7番パー4では1・2メートルのバーディーチャンスにつけた。いずれも惜しくもバーディーパットを決められなかったが、流れを確実に取り戻した。


8番パー5で第2打をグリーン奥まで運び、第3打の12ヤードのアプローチを1メートルに寄せてバーディー。9番パー4でも第2打を1メートルに寄せて連続バーディー。スコアをふたつ伸ばして通算13アンダー。前半終了時点で、2位のザラトリスとは5打差。結局、スタート時点より差を広げた。


プロゴルフの世界で勝負を分けるサンデーバックナイン(最終日の後半9ホール)でも、松山は栄光に向けて確実に歩みを進めた。


祈らずにはいられないと言われるアーメンコーナーの11、12、13番。12番パー3では第1打を左奥バンカーに入れてボギー。続く13番パー5では第1打を右の林に曲げたが、日本のゴルフファンの「祈り」が通じたのか、木に当たり、右セミラフまで戻ってきた。グリーン手前に流れる小川超えを狙った第2打は左に曲がったが、グリーン左ラフにとどまり、第3打のアプローチを1メートル以内に寄せてバーディー奪取。アーメンコーナーをイーブンで切り抜けた。この時点で2位に浮上した同組のザンダー・シャウフェレ(27)とは5打差。安全圏と思われて、残り5ホールに向かった。


しかし、メジャー制覇へ試練は続く。15番パー5。第1打はフェアウェーをキープ。池超えの第2打。手前の池を大きく越えたボールは、グリーンも飛び越え、奥の池へ落ちた。1罰打の第4打はグリーンに乗らず。奥のカラーからパターで狙った第5打は入らずに痛恨のボギー。この時点で、4ホール連続バーディーと猛追してきたシャウフェレに2打差まで迫られた。


しかし、何が起こるのか、分からないのが、マスターズ。16番パー3で、シャウフェレが第1打を左へ池ポチャ。打ち直しの第3打もグリーンオーバーし、まさかのトリプルボギーで通算8アンダーの3位に後退。松山もボギーをたたき、通算11アンダー。その時点で通算9アンダーでホールアウトしたウィル・ザラトリス(24)とは2打差。ヒリヒリした展開で、勝負はクライマックスを迎えた。


17番パー4。松山は第1打をフェアウェーキープ。第2打をしっかりグリーンに乗せてパーセーブした。


2打差をキープして最終18番へ。両サイドから林が迫る難しい第1打をしっかりとフェアウェーキープし、勝利を大きく引き寄せた。最後のパットを沈め、長い、長い18ホールを戦い終えた。


マスターズに日本人が初参戦して85年。32人の日本人選手が挑み、誰も立つことができなかった頂点に、松山がついに立った。


現地時間2021年4月11日。日本時間12日早朝。日本列島が歓喜に湧いた。「松山英樹」の名前は永遠に日本ゴルフ界の歴史に刻まれることになった。


松山選手、マスターズ優勝おめでとうございます。今まで尾崎選手青木選手中島選手等が挑戦してきましたが、夢の実現ができませんでしたが、その夢を適えましたね。前半は2打差まで詰められました。後半の15番ホールの池ポチャはびっくりしましたが、最終18ホールのバンカーも何とか克服してリードを守っての優勝は本当に松山選手の精神の強さを感じました。日本で放映が朝方なので寝不足になりましたが本当にコロナ禍で暗い話題の多い中、明るい話題ありがとうございます。

日本ゴルフ史に名を残す、松山英樹が日本人初マスターズ優勝hideki 日本ゴルフ史に名を残す、松山英樹が日本人初マスターズ優勝hideki Reviewed by RichKid on 4月 12, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.