SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国ゴルファーに波紋広がる!「パター破壊に続いて今度は…」gol

 この1週間で2度も大きな話題を提供した格好だ。PGAツアーで起こった“世紀の珍事”が波紋を広げている。



現地土曜日、米サウスカロライナ州で開催されている『RBCヘリテイジ』の大会3日目だった。韓国出身のゴルファー、キム・シウーがパー4の3番ホールに臨んだ。グリーンの外10メートルの位置からあえてパターで狙い、下りの右スライスラインを見事に読み切った25歳。だが、ボールは惜しくもカップの縁でピタリと止まってしまう。


悔しそうな表情を浮かべてピンに近づくキム・シウーは、「いやまだ動いているぞ」と感じたのかボールを凝視。キャディ、さらには同組のマット・クーチャーもやって来てじっと行方を見守った。すると待つことおよそ1分(正確には55秒)、なんとボールがコロリとカップイン! グリーン上の3人が揃って歓喜の声を上げただけでなく、ギャラリーも大いに盛り上がってバーディを称えた。



しかし、これに待ったをかけたのがPGAオフィシャーのスティーブン・コックスだ。ルール上、カップの縁で止まったボールを待てるのは「10秒」までで、それを過ぎた場合はいかなる状況であろうとも、速やかに次のショットを打たなければならないと説明。つまり「55秒」も費やしたキム・シウーのバーディは無効で、ペナルティとして1打が追加され、パー扱いとなったのだ。

 

この判定に食い下がったのが、キム・シウー本人ではなく、傍らで一部始終を直視していたクーチャーだった。コックスに対して「僕は確かに見ていたよ。ボールは動いていたんだ。動いているボールを打てというのかい?」と投げかける。それでもコックスは「なにがあろうと10秒以内なんだ」と突っぱね、クーチャーは「じゃあ僕の認識が間違っていたということか」と呟き、不満げにその場を立ち去った。



PGAツアーでも実に珍しいケースで、微妙なジャッジであったこともあいまって、ファンやメディアの間ではさまざまな議論が展開されている。米放送局『Golf Channel』は「疑わしい部分が残った」と指摘し、米専門メディア『Golf Digest』はクーチャーの主張を紹介しつつ、「キムにとっては酷なジャッジだった」と評している。


そして同じく専門メディアの『Golf Magic』はいくつかのファンコメントを掲載。やはり論点は「ボールは動いていたか否か」にあるようだ。


「失礼ながら大会オフィシャルのジャッジは間違っている。動いているボールを打てと言うのだろうか? 第三者のクーチャーもその事実を証言しているのに。キム・シウーにバーディを戻してあげるのが妥当だろう」



「なんともバカげた判定だ。ボールがカップの縁にあろうが、10秒以下だろうが、ボールが動いていれば次のショットは打てないはずだ。ルールの基準を再考すべきである」


「おかしなルールだよ。ボールが動いている、そのボールは打てない、そのボールにはマークも付けられない。もし動いている状況で彼がボールをカップに押し込んでいたら、それはそれでルール違反になっていたんじゃないの?」


と、おおむね同情的な声が多く寄せられている。

 


キム・シウーと言えば、1週間前の『マスターズ』で怒りに任せてグリーンにパターを打ちつけて破壊し、著しいマナー違反とファンやメディアの批判に晒されたばかり。そしてふたたびレアケースの主人公となり、話題を振りまいているのだから面白いものだ。『Golf Channel』は「今回の一件によってしばらく、キムはツイッター上の荒波から隠れることができるかもしれない」と報じている。


通算4アンダーの42位タイで大会最終日を迎えたキム・シウーは、この日だけでスコアを3つ伸ばし、31位タイでホールアウトしている。

韓国ゴルファーに波紋広がる!「パター破壊に続いて今度は…」gol 韓国ゴルファーに波紋広がる!「パター破壊に続いて今度は…」gol Reviewed by RichKid on 4月 19, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.