SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

インドネシア潜水艦は酸素尽きる…韓国の救助艦・掃海艦を投入

 乗組員53人を乗せたインドネシアの潜水艦が消息を断った。軍は艦内の酸素は24日に尽きる見通しだとしており、懸念が高まっている。



潜水艦は21日、軍事演習中に消息を絶った。海軍のユド・マルゴノ参謀総長は、艦内にはこの時点から計算して72時間分の酸素があるとの見方を示した。


潜水艦はドイツ製の「KRIナンガラ402」。当局によると、現地時間21日午前3時に潜航の許可を求めた後、交信が途絶えた。マルゴノ氏によれば、潜水艦はこの直前、バリ海峡での訓練の一環として実弾魚雷1発、訓練用の弾頭を積んだ魚雷1発を発射していたという。バリ海峡はジャワ島のバリ島の間の海域で、インド洋とバリ海をつないでいる。


演習参加前の潜水艦の状態を聞かれ、マルゴノ氏は、同艦も乗組員も準備状況は良好だったと説明。同艦は直近では昨年、ジャワ島の港湾都市スラバヤで整備のためドック入りしていたという。



潜航地点付近を空から監視した結果、油の流出が確認されており、軍は同艦のものとの見方を示している。深さ50~100メートルには磁気反応する1つの物体が見つかっており、これが不明潜水艦の可能性もある。


マルゴノ氏によると、油の流出要因としては、深く潜航しすぎて潜水艦のタンクから油が漏れた可能性、潜水艦が浮上しようとして艦内の液体を排出した可能性の2つが考えられる。


インドネシア海軍の報道官によれば、同艦は最大で水深500メートルまで潜航する能力を持つものの、当局者の推定では、今回はこの水深より100~200メートル深く潜航した。



現在、海中探査能力のあるソナー装備を備えた海軍艦艇2隻が現場に急行し、現在当該海域で「KRIナンガラ402」の捜索活動を続けているという。


韓国国防部は前日、インドネシアの潜水艦遭難事故発生の事実を認知した直後、外交チャンネルを通してインドネシア国防省側に救助支援の意志を伝えた。


インドネシア側は、救助の緊急性を考慮し、ひとまずシンガポールなど近隣国に支援を要請した。韓国側の支援の意志に対しては、インドネシア軍が内部検討を行った後、立場を伝えることとした。



海軍などによると「KRIナンガラ402」」は1978年にドイツで製造された旧式の潜水艦で、1981年にインドネシア海軍に編入された。その後韓国で2年間かけて改良され、2012年に再投入されたという。


まだ事故原因は不明ですし「ドイツ製だから」「韓国で改修したから」と決め付けるのは間違いです。そもそも事故を起こした潜水艦は艦齢40年の老朽艦です。単純に古過ぎる艦齢に注目したほうが妥当です。


インドネシア海軍はかつてロシア製の潜水艦12隻で編制されていたが、その後老朽化などから退役が相次ぎ、現在は旧式のドイツ製2隻、韓国製の新造艦3隻の合計5隻が現役として南シナ海からジャワ海、インド洋に至る広大な海域の領海警備などにあたっているという。



インドネシア国軍は独立を求める武装勢力や治安維持の任務が主で陸軍大国であり、陸軍兵力は現役だけで約33万人に上る。


これに対し海軍総兵力は約4万人でしかない。しかし島嶼国家であることや南シナ海南端で中国との領海問題を抱えていることなどから近年は国防予算も海軍の装備近代化、兵力拡充に重点をおく政策がとられ、海軍国を目指す動きを見せていた。

インドネシア潜水艦は酸素尽きる…韓国の救助艦・掃海艦を投入 インドネシア潜水艦は酸素尽きる…韓国の救助艦・掃海艦を投入 Reviewed by RichKid on 4月 23, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.