SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

90連敗中の力士が番付上がる珍事 …たしかにこれは極端な例だけどね

 90連敗中の力士が、番付で自己最高位を更新する珍事があった。日本相撲協会は26日、夏場所の新番付を発表。勝南桜は3月の春場所から15枚上がり、東序ノ口9枚目となった。これまで自己最高だった西序ノ口15枚目から6枚更新した。



勝南桜は2019年初場所の6番相撲から90連敗中で、先場所は自身の連敗記録を更新していた。


番付は勝ち越せば上がり、負け越せば下がるのが一般的だが、例外もある。今年の春場所は新弟子検査を行ったものの、新型コロナウイルス感染予防のため、前相撲を実施しなかった。本来なら新弟子は前相撲を取り、その勝敗が次の場所で初めて載る番付に反映される。今回は前相撲がなかったが、日本相撲協会は全員を一番出世として新序出世33人と再出世4人を春場所中に発表していた。


夏場所の新番付では、この37人が全敗力士よりも下の番付に組み込まれたため、勝南桜は押し上げられるかたちで東序ノ口9枚目となった。



負け越して序二段に上がる人もいるので珍しいことではないが全敗となると少し珍しいかも


たしかにこれは極端な例だけどね、序ノ口あたりでは負け越して番付が上がるのは珍しくない。特に5月場所では例年のことですから。


なぜなら中高を卒業した新入りの殆どが、初めて番付にのるのは5月場所だから。彼等はみんな序ノ口からなのでその人数が増える。


それで序ノ口の者はみんな、押し上げられて本来より少し上に名前が載る。



特に今年は前相撲がなかったので、新人はみんな最下位の扱い。全敗力士もそれより下には行かないってだけの理屈です。


ただ…これは今場所限りのこと。序ノ口あたりでは星一つで大きく地位が変わる。


今は序ノ口最下位の新入でも、今場所で一つ勝てば全敗の序ノ口上位よりは上にいくはず。



来場所に新人が大挙しない限りは勝南桜はまた最下位近くに落ちる見込です。


まぁ勝てばその限りではありませんけどね、、

90連敗中の力士が番付上がる珍事 …たしかにこれは極端な例だけどね 90連敗中の力士が番付上がる珍事 …たしかにこれは極端な例だけどね Reviewed by RichKid on 4月 30, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.