SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

広島“名手”菊池涼介の失策判定に疑念の声…あれがエラー?!569

 広島の菊池涼介(31)が2日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNA戦でエラーを記録され、二塁手としての連続守備機会無失策記録が「569」でストップした。8回二死一、二塁で桑原将志(27)が打ったセカンドベース寄りの高いバウンドを弾いたものだが「エラーの判定は厳しいのでは?」の異議を唱える声が続出している。昨年8月には、菊池の失策が翌日にヒットに訂正されたレアなケースもあったが、果たして…。



桑原の打球に猛チャージをかけて弾く


人数制限がかかる中でハマスタに駆け付けたカープファンが唖然とした。8回二死一、二塁。桑原が叩きつけた打球は、ジャンプした塹江敦哉のグラブを越えて大きくバウンドした。菊池は猛チャージ。ほぼセカンドベースの横あたりで、ジャンピングスローを試みようとダッシュしながらグラブを差し出したが、打球はグラブの土手に当たって前にこぼれた。すでに俊足の桑原は一塁ベースの手前まで迫っており、たとえ捕球できてパーフェクトな送球があったとしても一塁でアウトにできたかは微妙な打球だった。


場内のカープファンが息をのんだが、公式記録員はエラーと判定。スコアボードには「E」マークが灯った。



これは、ただのエラーではなかった。菊池にとって2019年9月16日のヤクルト戦(マツダ)以来、2シーズンぶりのエラー。昨季は、503度の守備機会を無失策で終え、二塁手としては史上初の「守備率10割」の偉業を達成していた。オフには二塁手として辻発彦の7年連続を超え、8年連続のゴールデングラブ賞を受賞していた。


結局、満塁のピンチを切り抜け無失点に抑えたこともあって、菊池はベンチに帰って笑顔を見せていたが、さぞショッキングな判定だったに違いない。ヤフーのトピックスにも「無失策記録ストップ」が取り上げられた。「エラーがニュースになる男」は、それだけでもプロフェッショナルだが、納得がいかないのが広島サイド。


複数のスポーツメディアの報道によると、試合後、佐々岡監督は「捕っていても捕っていなくても、1番打者なら厳しい。ちょっときつい判定」と不満を漏らしたという。



ネット上でも「人間だからミスはある」「これでプレッシャーから解放される」などという激励の声と共に「あれは内野安打では」「菊池だからこその名誉エラー」「無理に突っ込んでいなければただのヒット」など、判定を疑問視する意見も少なくなかった。


エラーか、ヒットかの判断は、試合に派遣されている公式記録員の判断に委ねられている。


専門家の目にはどう映ったのか。


日ハムでの現役時代にショートでダイヤモンドグラブ賞を一度受賞。広島、ロッテ、中日、日ハム、オリックス、阪神で内野守備走塁コーチなどを歴任し、「侍ジャパン」でも、2度、内野守備走塁コーチを務めた”守りのスペシャリスト”でもある評論家の高代延博氏も憤慨していた。



「ヒットか、エラーか、公式記録員が判断に迷うプレーは年に何度かあるが、今回は100%ヒットと判断すべきプレー。映像で何度も確認したが、桑原の足と実際のタイミングを検証するとたとえ打球を弾かずに捕球して、完全なプレーをやり遂げたとしてもセーフになっていた可能性が高い。名手の菊池ゆえ厳しく見たのかもしれないが、菊池は、連続無失策記録を続けている人物。普通の二塁手であれば、ああいうチャレンジなダッシュはしない。待って打球を処理しているところ。打球を弾いたからと言って、それをエラーにするのは、あまりに残酷だ。プロ野球を潰し、プロ野球ファンを失うような判断。菊池だけではなくヒットを失策にされた桑原も含めて誰も喜ばない。プロのプレーは、公式記録員というプロが根拠をもってプロらしく判断してもらいたい」


厳しい意見を述べた高代氏は、こんな提言をした。


「今からでもまだ遅くはない。昨年も一度、失策をヒットに訂正したケースがあった。記録を訂正できないものか」



実は、昨年8月11日の中日戦で、京田陽太が放った二塁へのライナー性の打球を菊池が取り損ねて失策と記録されたが、実は広島側ではなく中日側が「空中で打球が不規則に変化していた。京田のヒットではないか」と文書で異議を申し立て、セ・リーグは、映像を検証した結果、空中で打球がレギュラーしていたと認め、翌日に「失策」を「ヒット」に訂正する異例の措置を取っていた。今回も広島側ではなく、ヒット性の打球を失策と記録された横浜DeNA側が異議を申し立てる必要があるのだろうが、まだ一部で疑念を持たれている失策記録が訂正される可能性も残っている。


公式記録員については、一部に本格的な野球経験者がいないこともあって、以前から現場では「プロで野球をやったこともない人間に判定はできないだろう」との不満の声がずっと聞こえていた。


ちなみに高代氏は、菊池の守備の上手さの理由をこう分析している。


「菊池の凄さは、ポジショニングと身体能力の高さ。”なんでそこにいるの?”と苦汁を飲まされたことが何度もあった。球際の強さも特長のひとつだが、その理由は、打球に対してのグラブの角度が常に安定していることと、準備の早さがある。いい内野手は打球を処理する際に打者側から見てグラブのポケットが見えている時間が長い。菊池もその一人。だから今日のように打球を弾くというミスがほとんどない。彼が打球をこぼしたこと自体がレアケースだった」


たとえ記録が訂正されないにしろ、「エラーがニュースになる男」は、連続無失策記録にゼロから再挑戦するだろう。

広島“名手”菊池涼介の失策判定に疑念の声…あれがエラー?!569 広島“名手”菊池涼介の失策判定に疑念の声…あれがエラー?!569 Reviewed by RichKid on 4月 03, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.