SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

岩田康騎手が起こした”暴言幅寄せ事件”…「処分甘すぎ」の声でネット炎上4

 G1通算25勝を誇るJRAトップジョッキー、岩田康誠騎手(47、栗東・フリー)が24日、レース中以外の「粗暴な行為、発言」により25日から5月8日まで開催4日間の騎乗停止処分を受けた。この前代未聞の事件が波紋を呼んでいる。岩田康騎手が過去に問題を起こしていることもあり、ネット上でのファンだけでなく競馬関係者からも「処分が甘い」との声が飛び交っている。果たして今回の処分は適切だったのか。



後輩騎手に「おんどりゃ!」と暴言


まるで社会問題となっている“あおり運転“を思わせるような理不尽で高圧的なパワハラ事件だ。24日の阪神競馬場での6Rの3歳1勝クラス(1800m、ダート)。そのスタート前に出走馬が本馬場に入場し、返し馬といわれるウォーミングアップに入る段階だった。なんとスウィープザボードに騎乗していた岩田康騎手が、テイエムマジックに騎乗していた藤懸貴志騎手(28)をにらみつけ、馬ごと幅寄せしてラチ沿いに追い詰めて威嚇し、その上で暴言を吐いたという。 


ベテラン騎手が若手騎手を”脅す“とは言語道断の行為である。


結局、このレースは藤懸騎手が2着、岩田康騎手が5着だったが、常軌を逸した岩田康騎手の言動を目撃していた複数の騎手が、放置できない事態だと問題視。検量室に戻るとただちに裁決委員に通報した。JRA側が岩田康騎手を聴取したところ、粗暴な行為と発言があったという事実を認めたため、日本中央競馬会競馬施行規程(第147条の第20号)の「競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者」を適用し騎乗停止処分を科した。



その悪質さ、品のなさから即日発行の騎乗停止が適用され、期間は翌25日から5月8日まで14日間(開催4日)とした。岩田康騎手は25日に阪神で6鞍に騎乗する予定だったため関係者はその調整に追われた。


一方の藤懸騎手にとっては災難でしかない。昨年の4月には新型コロナに感染したJRA職員の濃厚接触者に指定されて騎乗できない期間もあった。


この事件の伏線は、この日の2Rの3歳未勝利(1400m、芝)のレースにあった。ルーキーの角田大和騎手が騎乗していたエムティースマイルが4コーナーで急に外側へ斜行。その際、シュンイに騎乗していた藤懸騎手が被害を受け、立ち上がるシーンがあった。その直後にいた岩田康騎乗のコートゴシップも連動する形であおりを受けたためレース後は両者ともに被害者として裁決室に呼ばれた。その際、それぞれが状況を説明したが、すでに冷静さを欠いていた岩田康騎手は「おんどりゃ、あんぐらいのことで(馬から)立つな。耐えろや」と藤懸騎手に対して暴言を吐いたという。



角田は3月にデビューしたばかりのルーキー。本来は2人して、未熟な騎乗に対し、厳しくも優しいアドバイスを送るのが理想の姿だろう。藤懸騎手をどう喝するのは自分より格下に対してのパワハラ行為としか思えない。競馬関係者によると裁決委員はそんな岩田康騎手に対し「筋違いでしょうと言って諭し、本人も納得したようにみえた」というが、岩田康騎手の身勝手な怒りは収まっていなかった。そこから2時間半もたった6Rで再び藤懸と同じレースに騎乗した際、とんでもない言動に及んだのである。


岩田康騎手は1991年に兵庫競馬でデビュー。天才的なスタートセンスと迫力ある騎乗スタイルでメキメキと台頭し、2000年にリーディングに立つと、その後も第一人者として活躍。2004年には菊花賞をデルタブルースで優勝し、地方所属騎手として初めてJRAのG1を制覇。2006年にJRAに移籍するといきなり126勝。その後も”イン突きの名人”とも言われ、コンスタントに年間100勝以上の勝ち星を挙げ、2012年には、ディープブリランテで日本ダービーを、ロードカナロアで香港スプリントを制覇するなど、順風満帆な騎手人生を送った。



また岩田康騎手を知る関係者によると、移籍当初は地方競馬からの先駆者的存在だった安藤勝己騎手(現競馬評論家)を慕い、アドバイスしてもらうなど貪欲に勝利を目指したという。後輩に対しても親分肌な面もあったとも聞く。


しかしトップジョッキーの仲間入りをしてからは態度が変わり始め、報道陣と衝突したり、奇声を発しての騎乗、後輩騎手に対して、どう喝まがいの言葉、勝った後のオーバーで意味不明なガッツポーズをするようになるなど迷走した。息子の望来騎手が2019年にデビューしたことを喜び自身も刺激を受けているように見えたが、新型コロナ禍で移動が禁止されている育成牧場に乗りに行くなど、始末書を書くような不始末も起こしている。報道陣には一部を除いて取材拒否。藤懸騎手には以前から”いじめ行為”をしていたという話もある。 


とにかく競馬界の評判は最悪で、関係者からは、「息子も騎手なのにもう少し大人にならないと」「いつかは、こんなことになるんじゃないかと思っていた」という声が多く聞かれた。



それにもかかわらず、今回の騎乗停止処分は開催4日間に留まった。ファンや関係者の間からは「甘すぎる」の声が殺到。「過去に何度も始末書を書いている騎手がたった4日でいいのか」、「免許剥奪でもおかしくないのでは?」、「厩舎や馬主が騎乗依頼するからダメなんだ」などの批判でネットは炎上騒ぎになった。


JRAでは、2005年以降、走行妨害などを起こした騎手への処分は、基本4日間となっているが、今回のような事件に対しての処分の線引きは決まっていない。故意的に騎手を落とした場合や騎手のドーピング行為、重大な不祥事(触法行為など)などがあった場合は長期もしくは無期限の騎乗停止、最悪の場合は騎手免許が取り消されることもある。過去の粗暴事件としては、1999年に後藤浩輝騎手(故人)が騎手寮内で後輩騎手の吉田豊を木刀で暴行する事件を起こして4か月の騎乗停止処分が下された。また問題の種類は違うが2013年には調整ルームで携帯電話を使用してツイッターに複数回返信した原田敬伍騎手が30日の騎乗停止の処分。2017年にはスピード違反を起こした松田大作騎手が半年間の騎乗停止処分を受けるなどしている。 



JRAとしては公正確保や暴力追放に力を入れているが、最近では、大塚海渡騎手への調教師によるパワハラ被害も明るみに出たばかり。処分が甘ければ、問題再発の土壌にもなりかねない。そう考えると今回の岩田康騎手への開催4日間という騎乗停止処分は、適切ではなかったのかもしれない。JRAは、新型コロナの助成金の不正受給問題でも関係した調教師、騎手の名前の公表を控えるなど、どこか身内への対応が甘くも映る。ロマンとお金をかけている競馬ファンの信頼を失わないことが重要なのだが…。

岩田康騎手が起こした”暴言幅寄せ事件”…「処分甘すぎ」の声でネット炎上4 岩田康騎手が起こした”暴言幅寄せ事件”…「処分甘すぎ」の声でネット炎上4 Reviewed by RichKid on 4月 26, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.