SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

照ノ富士と白鵬…照ノ富士が白鵬「あの殴打事件」の4年越しの恨みを晴らす

 大関に返り咲いた照ノ富士と白鵬には浅からぬ縁がある。ともにモンゴル・ウランバートル市出身であることはもちろんだが、実は照ノ富士はモンゴル時代、白鵬の父であるジグジドゥ・ムンフバト氏に柔道を習っていた。ムンフバト氏はモンゴル相撲の国民的英雄であり、白鵬は裕福な家庭で不自由なく育ったわけだが、照ノ富士も同じように恵まれた家庭環境で育ち、二人とも学業も優秀で、母国にいればエリート街道を歩んだであろう「お坊ちゃん」だった。



そんな二人だが、土俵の上では過去4年間、すれ違いが続いている。初対戦は2014年九月場所で、すでに横綱だった白鵬が前頭1枚目の照ノ富士の挑戦を退けて以来、白鵬の9勝4敗の戦績が残っているが、最後の対戦は2017年五月場所にさかのぼる。照ノ富士はすでに大関に昇進していたが、14日目に優勝争いの相手だった白鵬に直接対決で敗れて準優勝に終わった(白鵬が優勝)。


その場所後に照ノ富士は左膝の遊離軟骨を除去する手術を受け、その回復が思わしくなかったために転落が始まった。4場所連続の途中休場、その間に17連敗を喫し、十両陥落してしまったために、番付の頂点にいる白鵬と対戦することはなかったのである。その後、2019年三月場所で序二段まで番付を下げた照ノ富士は、そこからようやく復調して快進撃を続け、2020年七月場所で再入幕を果たす。



この場所で照ノ富士はいきなり優勝するのだが、前頭17枚目だったために終盤まで白鵬との対戦は組まれず、その白鵬は13日目から休場してしまったために相まみえることはなかった。そこからは白鵬の「休場街道」が続いたために(今年三月場所は2日間だけ出場したが)、現役の横綱と大関が丸4年間対戦していないという珍事が起きたのである。


すでに五月場所の休場を表明している白鵬と「再大関」の照ノ富士が激突するのは七月場所になる。横綱・大関戦だから、終盤まで両者が休場も引退もしていないことが条件だが、対戦があるとすれば優勝争いに絡む一番になることはほぼ間違いないし、白鵬にとっては、もし敗れれば世代交代を認めざるを得ないだろうから、引退をかけた一番にもなる可能性が高い。二人の因縁を考えても角界史に残る大一番である。


照ノ富士は今から手ぐすね引いてその瞬間を待っているはずだ。『週刊ポスト』(4月5日発売号)が詳報しているが、照ノ富士の転落と復活には、実は白鵬が起こした「重大事件」が深く関係していたからである。



2017年に照ノ富士が膝を手術したのち、上記のとおり七月場所、九月場所と連続して途中休場を余儀なくされた直後の10月、その事件は起きた。ご記憶の読者も多いだろうが、白鵬、日馬富士、鶴竜の3横綱と後輩モンゴル力士らの食事会の席で、日馬富士が前頭だった貴ノ岩に暴行し、責任を取って廃業するという不祥事だ。事件のきっかけを作ったのは白鵬だった。酒を飲んで貴ノ岩に説教し、その際に貴ノ岩がスマホをいじったことに激高した日馬富士が、素手やカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴打した。


事件は「日馬富士が貴ノ岩を殴った」という部分ばかりが強調されているが、その場にいた照ノ富士も、白鵬や日馬富士から厳しく指弾されていた。 本誌記事で詳報しているが、事件現場で「横綱たちとは壁がある」と口にした照ノ富士が受けた仕打ちや、4年に及ぶ塗炭の苦しみにつながった仕打ちを照ノ富士が忘れたはずはない。

 


「照ノ富士は下半身強化をして4年前よりパワーアップしている。192センチ、177キロの照ノ富士は192センチ、158キロの白鵬と20キロ近い差がある。ともに右四つを得意とする相四つだ。白鵬はカチ上げや張り差しを狙うだろうが、照ノ富士もひるむことなく、がっぷり四つとなるだろう。これまでの対戦では、同じ部屋にいた日馬富士の弟弟子であり、モンゴル出身の後輩という立場で白鵬と対峙していた。それが事件を経て、ついに初めて白鵬に遠慮なく全力でぶつかることになるのではないか。これまでの対戦成績は関係ないでしょう」(協会関係者)

 

暴行事件の背景には、貴ノ岩が「これからは俺たちの時代だ」と豪語していたと白鵬が聞きつけて腹を立てた経緯があった。照ノ富士は、七月場所で白鵬に勝って引導を渡し、「俺たちの時代」をたぐり寄せることができるか。

照ノ富士と白鵬…照ノ富士が白鵬「あの殴打事件」の4年越しの恨みを晴らす 照ノ富士と白鵬…照ノ富士が白鵬「あの殴打事件」の4年越しの恨みを晴らす Reviewed by RichKid on 4月 06, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.