SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平が初の猛打賞&3打点…大谷効果でエンゼルスが急上昇

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回に5試合連続安打となる左前打、7回に右越え2点二塁打を放つと、9回には左翼へダメ押し適時二塁打。5打数3安打3打点で今季初の猛打賞をマークした。打率.333に上がった。



大暴れだった。大谷は初回1死、24歳右腕・シンガーの内角低めスライダーをライナーで左前へ。打球速度107マイル(約172.2キロ)の高速打球だった。3回無死一、三塁でニゴロ併殺打、5回2死二、三塁では遊ゴロ失策に倒れたものの、7回2死二、三塁では3番手右腕・バーローから右越え2点二塁打を放った。打球速度は自己最速で今季メジャー最速の119マイル(約191.5キロ)を記録した。


大谷は「しっかり下半身で振らないとああいう打球を打てない。去年だったら引っ張りきれないかなと思います。ドライブ打球で(打球速度が)出やすいのがある。もう少し良ければ、もう少しいい角度で上がれば」と振り返った。



9回無死一塁では左翼へダメ押し適時二塁打を放った。5打数3安打3打点と4番レンドンが負傷者リスト入りした一戦で存在感を見せた。チームは14安打10得点。地区単独首位は2018年5月7日以来1071日ぶりだ。


4番のレンドンが負傷者リスト(IL)入りした一戦で見せた打席での躍動。2点適時二塁打が119マイルの爆速だったことを問われた指揮官は「偶然にも教えてもらったよ。感銘を覚える。彼は現在素晴らしいアスリートだ」と強調。5戦連続安打と結果が出ていることに「彼は多くの異なる球に対応している。高めの直球もそう。以前追っていたような球も、今は追わなくなっている」と要因を語った。



一方、米大リーグ(MLB)公式サイトは12日(日本時間13日)に開幕後最初の球団パワーランキングを発表した。エンゼルスが大谷翔平投手の二刀流効果もあって開幕前の17位から11位へと急上昇した。11日(同12日)までの9試合で6勝3敗の好スタートを切り、ア・リーグ西地区でアストロズと並び首位タイだ。1位は開幕前と変わらずドジャースだった。


エンゼルスはチーム防御率こそ5・27でメジャー25位だが、救援投手は5勝1敗、防御率4・28で同15位と健闘している。大谷とマイク・トラウト外野手を中心とした打撃は打率同8位(2割4分8厘)、本塁打数同6位タイ(13本)、長打率同7位(4割2分)と好調だ。



他の日本選手が所属するチームは、ダルビッシュ有投手のパドレスは2位、前田健太投手のツインズは4位、筒香嘉智外野手のレイズは9位、澤村拓一投手のレッドソックスは20位、菊池雄星投手のマリナーズは24位、有原航平投手のレンジャーズは28位となっている。

大谷翔平が初の猛打賞&3打点…大谷効果でエンゼルスが急上昇 大谷翔平が初の猛打賞&3打点…大谷効果でエンゼルスが急上昇 Reviewed by RichKid on 4月 13, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.