SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

対阪神「2戦4死球」に燕党イライラ...阪神は甲子園球場でヤクルトと対戦

 プロ野球の阪神は2021年4月18日、甲子園球場でヤクルトと対戦し10-7で勝利した。



試合は阪神が序盤のリードをなんとか守って7連勝を飾ったが、両軍合わせて3つの死球が出る荒れる展開に。8回にヤクルト梅野雄吾投手(22歳)が阪神・大山悠輔内野手(26歳)に死球を与えたところで警告試合が宣告された。阪神は貯金を「11」に伸ばして首位をがっちりキープしたが後味の悪さを残した。


この日最初の死球は7回、ヤクルト攻撃の場面だった。2死走者なしでマウンドには阪神3番手・岩貞祐太(29歳)、打席にはヤクルトの4番・村上宗隆(21歳)が入った。フルカウントからの6球目だった。内角高めに入った球が村上の右腕を直撃した。



阪神5点リードの8回には、4番手・加治屋蓮(29歳)が塩見泰隆(27歳)に死球を与えた。この回先頭の塩見に対し2ボール2ストライクからの5球目。144キロの直球が塩見の左腕を直撃した。この直後、審判団がいったんマウンド付近に集まったが、審判団からのアナウンスはなかった。


そしてその裏の阪神の攻撃でこの日3つ目の死球が出た。2死2塁の場面で、ヤクルト5番手・梅野が大山に対して死球を与えた。2ボールからの3球目がインコースを突き、大山の腰付近に当たった。この死球を受け真鍋球審が警告試合を宣告した。



16日には藤浪がヤクルト打線に2死球


この日は計3つの死球が出て警告試合となったが、16日の同カードでは阪神の藤浪晋太郎投手(27歳)が2つの死球を出している。


0-0の4回に山田哲人(28歳)、2点リードの2死2塁の場面では塩見に死球を与えた。制球が乱れだした藤浪は、塩見に死球を出した直後に降板した。



同カード2試合で5つの死球。ヤクルトは4つの死球を受けた。しかも4つの死球はいずれも主力選手で、打率3割超えで好調をキープしている塩見は2試合連続での死球だ。故意ではないと理解していても主力への死球の多さにインターネット上では「割に合わん」と憤るヤクルトファンの一方で、「申し訳ない」とコメントを寄せる虎党も。


後味の悪さを残した一戦だったが、阪神はこれで5年ぶりの7連勝。先発・ガンケル(29歳)は4戦4勝と勢いが止まらない。貯金を「11」に伸ばし首位をひた走る阪神は、20日から敵地・東京ドームに乗り込み2位巨人との直接対決に臨む。



燕党だが、死球云々より5戦5敗の方が問題だよ…せっかく対阪神以外は頑張ってるのに…阪神アレルギーを治さない限り優勝はないよ。


大山選手が一塁に行った時、大山選手、村上選手、2人とも苦笑いしてた。選手同士は私たちが思ってるほど険悪な雰囲気になってない感じでしたよ。

対阪神「2戦4死球」に燕党イライラ...阪神は甲子園球場でヤクルトと対戦 対阪神「2戦4死球」に燕党イライラ...阪神は甲子園球場でヤクルトと対戦 Reviewed by RichKid on 4月 19, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.