SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

千賀滉大は全治2、3か月で五輪は絶望的…王者・ソフトバンクに大きな痛手

 ソフトバンクは10日、先日の試合中に負傷した千賀滉大投手(28)の診断結果を発表。



千賀は6日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季初先発。6回途中無失点で今季初白星を手に入れた。しかし、六回1死にライナーを捕球した際に左半身から地面に着地。左足首に体重がかかってしまい、自力で立ち上がることもできず、担架にてベンチに運ばれた。


9日に久留米市内の病院にてMRI・CT検査などを受けた結果、「左足首の靱帯損傷」と診断を受け、競技復帰まで2~3カ月の見込みであることが明らかになった。


言わずと知れたソフトバンクのエース。昨季も開幕には遅れながら、10月以降は圧巻の投球を続け、終わってみればパ・リーグの投手三冠に輝く大活躍。チームの日本一4連覇に大きく貢献した。



プロ11年目の今季もキャンプはリハビリ組からのスタートとなり、ふくらはぎのコンディション不良により2年連続で開幕には出遅れ。


そんな中でも、今年は4月6日に一軍のマウンドに立つことができたが、その試合でピッチャー返しの打球を処理した際に転倒して負傷。白星こそついたものの、緊急降板となってその後の動向に注目が集まっていた。


球団によると、千賀は9日に久留米市内の病院を訪れ、MRI・CT検査などを受診。結果は「左足首の靱帯損傷」で、球団によれば「競技復帰まで2~3カ月」を要する見込みとのこと。



今後については、「数日間の自宅静養ののち、患部の状態をみてリハビリ組に合流」の予定と説明。日本一5連覇を目指すチームは、しばらくの間エース不在の戦いを強いられることが決まった。


これは痛いね。ソフトバンクにとっても、稲葉監督率いる日本代表にとっても。千賀はエースだし欠かせない存在だし離脱は痛いけど、シーズン絶望ではないのが何よりも救いかな。復活してマウンドで躍動する日を楽しみにしています。



交流戦はもちろん、オリンピックも出場不可能が決まってもうたな。今は焦らず、じっくりと治療&調整して、最終盤の勝負所で復帰して欲しいところです。

千賀滉大は全治2、3か月で五輪は絶望的…王者・ソフトバンクに大きな痛手 千賀滉大は全治2、3か月で五輪は絶望的…王者・ソフトバンクに大きな痛手 Reviewed by RichKid on 4月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.