SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「なぜ…」波紋を呼んだ“挟殺”ダブルプレー!ダブルプレーは恥ずべきことだ2

 4日に札幌ドームで行われた日本ハム対ロッテの試合で見事な挟殺ダブルプレーが成立。好プレーを称賛する声もさることながら「なぜ、ダブルプレーになったのか?」など、原因を巡ってネット上でファンの議論が盛り上がった。



問題のシーンは4回裏の日本ハムの攻撃で起こった。無死一塁、三塁のチャンスで渡邉が三塁ゴロを放つと、三塁走者の近藤が飛び出す形となり、本塁との間で挟殺プレーとなった。ロッテのサード安田からの本塁への送球を受けたキャッチャー田村が三塁へ追い込む形で近藤にタッチすると、勢いそのままに二、三塁間にいた中田まで一気に追いついて二つ目のタッチアウトを奪った。


田村の好判断、快足ぶりは称賛に値するが「一体、なぜダブルプレーに?」という疑問も。そのことについて9日にABEMAで放送された『バズ! パ・リーグ』に出演した里崎智也氏が言及。次のように一連のプレーについて解説した。


「一番悪いのは近藤ですね」



きっぱり言い切った里崎氏はさらに「三塁に帰る時にキャッチャー田村の位置を全く見ないで止まっている。この時点でアウト。三塁コーチャーも『来い、来い』とやっているけど、あの立ち位置の時に、中田が三塁に来ても間に合わない。セカンドに留まっていなければいけない。もし(三塁に)来るのであれば、近藤はあのまま三塁ベースに帰るくらいの走塁をしなければならない」などと続けた。


違う角度がら「三塁コーチャーが(中田に)来い、来いと言っているが、あの時点から来ても絶対に間に合わない。(近藤がアウトになった後)ストップと言っているが、止まれるわけもない」と再度指摘した里崎氏は「悪いのは近藤、コーチャー、最後に中田ですね」と結論付けた。



このプレーは3塁ランナーが挟まれた時点で走者は2塁ランナーを生かすことを考えないといけない。だから3塁ランナーは出来るだけ粘って2塁ランナーを3塁へ来させるようにすることが大事。狭殺プレーでダブルプレーは恥ずべきことだと思います。


やっぱりあの場面、近藤が1番悪いよな。三本間で挟まれるのが確定してるならもっと粘るべきだしボール持ってる選手を見なさすぎ。今年(というか一昨年辺りから)のファイターズが低迷してる理由はこういった記録にならない走塁エラーなどが多いのも大きな要因の一つだと思う。こういうのはキャンプで練習してるらしいんだがこんなにミスが出るということは他チームに比べて練習量が少ないってことなんだろう。

「なぜ…」波紋を呼んだ“挟殺”ダブルプレー!ダブルプレーは恥ずべきことだ2 「なぜ…」波紋を呼んだ“挟殺”ダブルプレー!ダブルプレーは恥ずべきことだ2 Reviewed by RichKid on 4月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.