SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国政府、不動産バブルを崩壊させる、銀行に融資圧縮を指示th

 中国当局が銀行に融資を縮小させるよう命じていたことが分かった。加熱する投資を抑制するためとしているが、今緊縮政策を実施するのは自殺行為でしかない。わざと不動産バブルを崩壊させたいとしか思えない。



中国当局が銀行に対し国内金融市場のバブルによるリスクを回避するため今年、融資残高を減らすよう指示している。3人の銀行筋が5日、明らかにした。


外国銀行や国有銀行などがここ数日、中国人民銀行(中央銀行)から今年、融資総額を抑制するよう指示された。


中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)も、事業融資を個人が投資目的に流用する事例を厳しく調査しているという。



銀行筋の1人は「新型コロナウイルス危機に見舞われた昨年、事業融資の名目の大規模な資金が不動産・株式市場に流れ込んだ。銀行は昨年実施した融資の回収に奔走しており、そのような融資はしないだろう」と語った。


事業融資は事業目的に使うことが義務付けられ、投資に使うことは禁じられている。しかし一部個人はそうした借り入れで不動産や株を買い、市場にバブルをもたらしたと銀行筋は指摘する。



銀保監会と人民銀行のコメントは得られていない。


中国不動産大手が6兆円の負債を抱える


資本連鎖が崩壊し、債務不履行が発生し、一連の問題が発生し、業界に強い懸念が生じました。不動産大手が倒産しました。どうしたのでしょうか。


チャイナフォーチュンランドデベロップメント株式会社は、初めて雷雨を認めました。2月1日の同社の最新の発表から、銀行ローンを含め、債務の延滞元本と利息の合計は52億5500万元に達したことがわかります。信託ローンおよびその他の形態の債務。


財務報告によると、金銭的資金は386億ドルありますが、実際に利用できるのは8億ドルに過ぎず、大きな格差があります。負債を返済するにはどうすればよいのでしょうか。 。


さらに心配なのは、50億以上がほんの始まりに過ぎないかもしれないということです。


関連情報によると、2020年の最初の3四半期におけるチャイナフォーチュンランドデベロップメントの負債総額は4000億人民元(6兆5840億円)を超えるでしょう。そのうち、有利子負債の規模は2,185億元(3兆5965億円)であり、そのうち短期借入金は約343億元、1年以内に返済期限が到来する固定負債は約598億元(9843億円)、社債は525億元以上(8641億円)である。 。


特に、短期債務は非常に高く、これは経済的危険の兆候です。

中国政府、不動産バブルを崩壊させる、銀行に融資圧縮を指示th 中国政府、不動産バブルを崩壊させる、銀行に融資圧縮を指示th Reviewed by RichKid on 3月 07, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.