SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

台湾産パイン、数時間で完売…出荷増量要請もtaiwan

 台湾産パインが日本のスーパー西友に3月11日午前に届いたそうだ。午後にはすべて売り切れたという。凄まじい売れ行きとなったことから西友は出荷量の増やすように要請した。中国の輸入禁止で台湾との結び付きが深まったと言える。



日本の大手スーパー、西友で11日に販売された南部・屏東県産のパイナップルが発売当日に完売したことが分かった。同県政府が13日までに明らかにした。西友側からは出荷量の増量要請が寄せられており、同県の日本向け輸出量は昨年のほぼ倍に相当する2500トン達成が見込めるという。


同県政府は2019年、西友の親会社、ウォルマート・ジャパン・ホールディングスと契約を締結。昨年、西友向けにパイナップルを約300トンを輸出した。2月には今年の第1陣が出荷し、今月11日午前、300店余りで店頭に並べられたが、同日午後には全ての店舗で売り切れとなったという。



西友は同県がパイナップルの輸出強化のため台湾の大手スーパー、PXマート(全聯福利中心)と共同で設立した「台湾屏東農業国際運銷」に出荷量の増量を要請。ただ同県は、日本の港湾が混雑状態にあることから、しばらくは20フィートコンテナ3個を週に1回出荷するペースで維持する見通しだとしている。


台湾産パイナップルを巡っては、最大の輸出先だった中国が害虫検出を理由に今月から輸入を停止。日本では台湾産パイナップルを応援する動きが広まっている。


3月11日の震災10周年だったから余計に買い求める人が多かったのかもね。今後はパインのレシピ需要が増えるだろう。



台湾パインを使ったハワイアンピザをメニューとして出したら売れまくると思う。全国各地のイタリアンレストランやハワイアンレストランの稼ぎ時だ。首都圏で緊急事態宣言が明けたら一気に広まるといいね。


実際に美味いなら継続的に売れ続けるだろう。日本人は世界でも類を見ないほどグルメにお金をかける民族だからな。

台湾産パイン、数時間で完売…出荷増量要請もtaiwan 台湾産パイン、数時間で完売…出荷増量要請もtaiwan Reviewed by RichKid on 3月 15, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.