SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国自動車大手、倒産待ったなし…HAAHオートモーティブが双龍車の買収をに決定す

 韓国の双龍自動車に関して、大株主のインド企業のマヒンドラが減資を承認されたようだ。これにより新しい買収先のHAAHとの交渉が進むと愛国日報が楽観視しているが、このHAAHは実はマヒンドラの子会社らしい。例によって韓国側が都合よく勝手に話を進めているだけのように思えてくる。実際には倒産が視野に入り始めたと言えるだろう。



双龍(サンヨン)車が11日、「インド中央銀行(RBI)が最近、双龍車株75%を保有するマヒンドラに対して減資を承認した」と明らかにした。これに先立ちRBIは、自国企業の海外保有株を売却する際、25%以上の株式を保有しなければならないという規定を挙げながら、事実上、反対の立場を表していた。今回のRBIの承認で、双龍車は株式売却後のPプラン(事前回生計画)に向けた手続きの峠を越えた。


双龍車はRBIの承認を土台に、新しい投資家候補HAAHオートモーティブホールディングスと投資契約を結んだ後、回生計画案を全体の債権者に公開し、Pプランに入るための同意を受ける計画だ。Pプランには、減資で大株主マヒンドラの持ち株比率を低め、HAAHオートモーティブが2億5000万ドル規模の有償増資に参加し、大株主(51%)になるという内容が含まれている。



ただ、HAAHオートモーティブが双龍車の買収を最終的に決定するかどうかは依然として未知数だ。3700億ウォン(約354億円)規模の公益債権に負担を感じているという。双龍車は内部で15日までにPプランのための準備を終える計画だ。ただ、目標通りに日程が進行するかどうかはHAAHオートモーティブとの交渉にかかっている。HAAHオートモーティブと投資契約に至らずPプランが白紙になれば、双龍車は法定管理に入る可能性が高い。


親会社のマヒンドラが手放す双龍自動車の株を子会社のHAAHが買い取るという話にしか聞こえないよな。それでは結局損失をマヒンドラグループが全部負担するということに変わりはない。



韓国のいつもの手口だから妙に納得がいった。HAAHが見放せば双龍自動車は法定管理、つまり倒産状態となる。それでもいいのかと脅している雰囲気さえ感じ取れるね。さすが意地悪クラブの愛国日報だ。

韓国自動車大手、倒産待ったなし…HAAHオートモーティブが双龍車の買収をに決定す 韓国自動車大手、倒産待ったなし…HAAHオートモーティブが双龍車の買収をに決定す Reviewed by RichKid on 3月 12, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.