SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国の北京「まるで世界の終わり」…そして砂漠化が進むbk

 中国の北京が前代未聞の大気汚染に見舞われている。強風で黄砂が発生したことによるものだが、その激しさはここ10年で最悪だそうだ。フランスのマスコミにもこの世の終わりかとまで書かれてしまった。



中国北部は15日朝から強い砂嵐の影響で大気が厚い黄砂に覆われ、北京市内では数百メートル先も見通せないほど視界が急激に低下した。中国環境観測センターによると、この10年で最も激しい黄砂で、深刻な大気汚染が発生。北京市当局は各学校に屋外での活動を控えるよう求め、高齢者や持病がある人は屋内で過ごすよう呼び掛けている。


中央気象台によると、北京では午前11時現在で、微小粒子状物質PM2・5は1立方メートル当たり714マイクログラム(日本の環境基準の1日平均値は同35マイクログラム)を観測。朝の通勤時間帯には、視界不良が原因で交通渋滞が発生した。北京では近年、大気汚染が改善し青空が広がる日が多いが、街全体が黄色いもやがかかった状態で、マスクをしていても息苦しさをおぼえるほど。市内の男性会社員(36)は「ここまでひどい大気汚染は12年ぶり。今日はどこにも外出したくない」と話した。



中国では先月、火星着陸を目指す探査機「天問1号」が火星の周回軌道入りに成功しており、女性会社員(26)は「今日の北京は、まるで火星の地上風景のよう」と驚いていた。


北京市は市内の全校に屋外活動の中止を命じ、呼吸器系疾患がある人は外出を控えるよう呼びかけた。


国営メディアによると、モンゴルで起きた砂嵐に巻き上げられた砂ぼこりが北風に乗って飛来した。



オレンジ色のもやがかかったような光景はネットで話題となり、砂嵐に覆われた終末世界を描いたSF映画『インターステラー(Interstellar)』を彷彿(ほうふつ)とさせるとの声が上がった。「まるで世界の終わりみたい」との投稿もあった。


大気汚染状況を確認できるウェブサイト「Aqicn」によると、直径が10マイクロメートル以下の粒子「PM10」濃度の24時間平均は、世界保健機関(WHO)基準の20倍近く、直径が2.5マイクロメートル以下の「PM2.5」濃度の24時間平均は、WHO基準の20倍以上を観測した。



中国人は確かに目先の利益しか考えないような部分があるね。将来を見たとしてもせいぜい2~3年先までで、日本人のように10年20年も先を見るのは逆に愚かだと考えてる節がある。そして砂漠化が進む。

中国の北京「まるで世界の終わり」…そして砂漠化が進むbk 中国の北京「まるで世界の終わり」…そして砂漠化が進むbk Reviewed by RichKid on 3月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.