SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

豪州メディアが日本のコロナ対策を批判…「東京五輪は巨大なスーパースプレッダーの可能性」uc

 1日の豪紙シドニー・モーニングヘラルドは「東京五輪のプランは大惨事を誘発しつつある」との見出しで特集。「日本の状況を考慮すると、東京五輪は巨大なスーパースプレッダーの大会になる可能性がある。審判やボランティアが突然に姿を消し、たとえ低レベルであっても、感染発生がカオスを生む。団体競技は中止され、レストランはシャッターを閉じる」と警告した。



同紙は、日本のコロナ対策が多くの点で不十分だと指摘した。


「実際の感染者は公式発表よりもはるかに多いはずだ。理由は検査率の低さ。先進国では最低レベルで世界基準でも極端に低く、人口1000人当たり、たったののべ52人。豪州は同499人。貧困にあえぐミャンマーが、52人よりわずかに低い数字となっている」


「ワクチン政策も後れを取り、ようやく2月に医療従事者1万人の接種でスタートを切る。(五輪開幕予定の)7月までの日本人の大半への接種は、非現実的」

  


「経済を回すため、日本は全国レベルのロックダウンを拒否。東京など11の地域が緊急事態を宣言したが、飲食店に午後8時までの営業を“要請”し、人々に屋内で集まらないよう“お願い”。同様のアプローチはスウェーデンで失敗し、効果的に流行をコントロールした国々の政策とは比べようもないレベル」


これらの現状を踏まえ、同紙は7月に開幕予定の東京五輪・パラリンピックについて「考え得る最高のシナリオは、(団体競技ではない)間引きされた競技が、熱狂して叫ぶファンは存在しない静寂のスタジアムで行われる。聖火は誰もいない通りでリレーされる」と予測した。


また、豪はNZ渡航者の隔離なし入国停止を延長。


オーストラリアは28日、ニュージーランドとの間で隔離措置なしで渡航者を受け入れる「トラベルバブル」について、停止期間を31日まで延長すると発表した。ニュージーランドで新型コロナウイルスの南アフリカ変異種感染者が2人確認されたことを受けた。


豪は今週、ニュージーランドからの渡航者受け入れを72時間停止すると発表していた。    


ニュージーランドでは25日に、数カ月ぶりに新型コロナウイルスの新たな感染者を確認。その後、2人が南アフリカ変異種に感染していたことが確認された。ともに最大都市オークランドの同じ検疫施設に関連していた。


アーダーン・ニュージーランド首相の報道官はこれに対し「その決定は豪政府自身の判断と承知している」と述べた。

豪州メディアが日本のコロナ対策を批判…「東京五輪は巨大なスーパースプレッダーの可能性」uc 豪州メディアが日本のコロナ対策を批判…「東京五輪は巨大なスーパースプレッダーの可能性」uc Reviewed by RichKid on 2月 03, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.