SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

福島沖地震でトヨタ9工場、操業一時停止…地震で部品供給に影響

 トヨタ自動車は16日、福島県沖地震で部品の調達に影響が出ているとして、国内の完成車15工場のうち9工場の14ラインで一時的に操業を停止すると発表した。期間はそれぞれ異なるが、17日から順次停止し、20日まで続ける。その後の稼働については状況を見て検討する。



不足している部品の種類は非公表。世界的に需要が急増している半導体ではないという。


トヨタは新型コロナウイルスの感染が広がった昨年春に新車販売が大きく落ち込んだものの、夏ごろから需要が急回復。足元では休日返上で生産を続けている。今回の稼働停止に伴う減産規模については「現段階で精査中」(広報)。ただ、人気のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」から高級車「レクサス」に及ぶ幅広い車種で、納期が遅れるなどの影響が出る恐れもある。


操業停止の対象となる工場は、トヨタ本体が高岡工場(愛知県豊田市)と田原工場(同県田原市)の2カ所。グループでは、トヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)、トヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)、トヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)と吉原工場(同県豊田市)、岐阜車体工業(岐阜県各務原市)、豊田自動織機の長草工場(愛知県大府市)、日野自動車の羽村工場(東京都羽村市)。 



カンバン方式で下請けさんは大変ですが、1日も早い復旧を願っています。


ちなみに、日本地震、負傷者10人超え…


13日、後11時8分頃、福島県沖北緯37.7度、東経141.8度地点で規模7.1の地震が発生した。負傷者は10人以上であるが、死亡者は確認されていない。


震度6強は、人が這わなければ動くことができず、固定されていない家具のほとんどが動いて転倒するレベルである。



福島県で震度6強以上の振動が観測されたのは、2011年3月の東日本大震災以降、およそ10年ぶりだ。首都東京でも震度4の大きな揺れが観測された。


今回の地震で福島県相馬市では地すべりが起き、道路が途切れ、宮城県では少なくとも2件の火災が発生した。


大規模な停電も発生した。日本政府の報道官である加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「東京電力管轄内で約86万世帯、東北電力管轄内で約9万世帯など計95万世帯が停電している」と述べた。



幸い原発に被害はなかった。日本の原子力規制庁と東京電力、東北電力、中部電力などは、福島第1原発、第2原発、女川原発、東海第2原発、東通原発、柏崎刈羽原発などに特別な被害はなかったと述べた。

福島沖地震でトヨタ9工場、操業一時停止…地震で部品供給に影響 福島沖地震でトヨタ9工場、操業一時停止…地震で部品供給に影響 Reviewed by RichKid on 2月 17, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.