SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

福島県・宮城県で震度6強の地震、震源は福島県沖M7.3、「めちゃくちゃです」SNS投稿相次ぐ

 2月13日(土)23時08分頃、宮城県と福島県で最大震度6強を観測する地震がありました。



震源地は福島県沖で、震源の深さは55km、地震の規模を示すマグニチュードは7.3です。


この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、津波による被害の心配はありません。


震度6強以上を観測したのは、2019年6月18日に山形県沖で発生した地震以来のこととなります。


この地震により、東北地方や関東地方などで停電が発生しています。



福島県と宮城県で震度6強の地震が発生した13日夜から14日未明にかけて、ツイッターなどのSNS上でも両県在住者などから、被害や不安を訴える投稿が相次いだ。


福島県南相馬市に住む作家の柳美里さんは、室内に本や棚などが散乱する様子の写真とともに、「かなり揺れて、震えがおさまらない」「自宅の中がめちゃくちゃです」と連続して投稿。また、お笑い芸人のなすびさんも食器などが散乱した室内の写真とともに「福島市、かなりの揺れで現在停電中ですが、私は大丈夫です!」と投稿した。


福島市在住の詩人・和合亮一さんは「家財道具がめちゃくちゃです。大丈夫。落ち着きましょう」「停電の中、水を風呂桶(おけ)に、汲(く)み始めました。10年から学んだこと」と東日本大震災を振り返ってツイートした。他にも、部屋が揺れている様子の写真や、ものが散乱して「家から出られません」などと被害を訴える住民からの投稿が相次いだ。



デマや虚偽情報について、「安易に拡散して自分自身が『加害者』にならないよう気をつけましょう」と注意を呼びかける投稿も相次いでいる。


福島、宮城、岩手地方の方々はご無事でしょうか。


ご無事を祈るしかございません。


震度5以上の地震が発生すると、高速道路も基本的に通行止めを考慮します。


道路には何らかの異常をきたしている可能性があり、信号機の滅灯も考えられますので、移動する際には十分に気をつけてください。



東北地方を中心に、これだけの広範囲で多大な地震が発生すると、何かしらの被害は発生していると思われます。


被害を受けた方々は、焦らずに自分の安全を考えて行動してください。


そして前例があるように、更なる地震の発生に備えてください。


東北地方にお住いの皆さんが、とても心配です。


しかし多くの方が一斉に電話をすると輻輳(ふくそう)状態が発生し、回線がパンクする原因になります。東日本大震災でも輻輳は発生しており、その経験から総務省は「災害時には不要不急な電話を控えるように」と周知しています。心配かとは思いますが、電話の代わりに、災害伝言ダイヤル・災害伝言版・SNSなどを通じた安否確認をお願いします。



被災地の皆様は、スマホ画面を暗くする、省電力モードや機内モードに切り替える等の対策で電池を節約して頂けたらと思います。


一方、海外メディアも速報、「強い地震が日本を襲う」。


海外メディアは13日に起きた宮城、福島両県での震度6強の地震を速報した。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は「強い地震が日本を襲う」と伝えた。


同紙は震源地は福島県沖と強調し「(福島県は)原発の炉心溶融(メルトダウン)が起き、多数の死者が出た2011年の大地震と津波があった場所だ」と指摘した。


AP通信は見出しで「津波警報はない」と報じた。停電の発生や福島第1原発で異常の有無を点検していることにも言及した。


米CNNテレビは、東日本大震災で多数の死者や行方不明者が出たことに触れた。ロイター通信も速報した。


中国国営の新華社通信は、気象庁の情報として、「東京でも強い揺れがあり、およそ1分間続いた。津波警報は発表されていない」などとスマートフォンのアプリで速報しました。

 

国営の中央テレビなども東京電力の福島第一、第二原発には今のところ異常がないことを、日本の報道を引用する形で伝えています。

 


また、ネット上では「災害に国境はない。無事をお祈りします」などのコメントが寄せられています。

 

もちろん凄い地震なんだけど、日本だからなんとか保てるものは保っている。他の国ならもう耐えられないだろう。日本の耐震性の凄さは他の国には真似できない。10年前に確かに日本の原発はメルトダウンしたが、あの状況で他の国ならそれ以上の惨事になったと思う。

福島県・宮城県で震度6強の地震、震源は福島県沖M7.3、「めちゃくちゃです」SNS投稿相次ぐ 福島県・宮城県で震度6強の地震、震源は福島県沖M7.3、「めちゃくちゃです」SNS投稿相次ぐ Reviewed by RichKid on 2月 14, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.