SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

インド北部、ヒマラヤの氷河が決壊、洪水で200人不明…独西部で洪水

 インド北部でヒマラヤ山脈(Himalayas)の氷河の一部が崩壊し、川が氾濫、少なくとも200人が行方不明となっている。警察が7日、発表した。急流は発電所2か所に被害を与え、道路や橋を押し流した。



現場は、ガンジス川の支流の一つ。洪水の原因はまだわかっていないが、ヒマラヤの氷河をめぐっては、地球温暖化によって急速に融解して洪水を引き起こす恐れがあると専門家から指摘されてきた。隣国ネパールでも、雪を頂いていた山々の岩肌が見えるようになってきたとされる。


ヒマラヤとヒンドゥークシ山脈の地域の氷河の3分の1が、2100年までに失われるとする専門家の予想もある。この地域は中国やインド、バングラデシュ、ブータン、ネパール、ミャンマーなど8カ国にまたがっており、広大な地域の生活や農業にとって欠かせない川の流れにも影響を与える可能性があるとされる。



ウッタラカンド(Uttarakhand)州警察はこれまでに3人の死亡が確認されたと発表。発電所作業員約20人がトンネルに閉じ込められ、懸命の救助活動が開始された。行方不明者の大半は押し寄せた水にのみ込まれた発電所の作業員だという。


同州のナンダ・デビ(Nanda Devi)国立公園を流れる川沿いには約14の氷河があり、気候変動と森林伐採に対する懸念が高まっているため研究の対象となっている。ウッタラカンド宇宙応用センター(Uttarakhand Space Application Centre)のセンター長はAFPに対し、「川の集水域での崩壊は一般的な現象」と説明。一方、環境NGO「Swechha」の創設者は気候変動の影響についての「厳しい警告」だと指摘した。


一方、ドイツ西部で3日、雪解けと長引く降雨によりライン(Rhine)川が氾濫し、周辺のモンドルフ(Mondorf)やケーニヒスビンター(Koenigswinter)などで洪水が発生した。



これもインドの氷河崩壊もやはり地球温暖化なのか?だとしたら二酸化炭素の削減だけでは解決しないと思う。パリ協定だけでは全く期待できない。


都市化も抑制して、森林を回復して、人口も減少させて、経済も縮小させていく。まぁこれをやれるかどうかは別としてこれくらいやっても、地球環境は破壊され続けるだろう。人間が地球で繁栄してる限り。

インド北部、ヒマラヤの氷河が決壊、洪水で200人不明…独西部で洪水 インド北部、ヒマラヤの氷河が決壊、洪水で200人不明…独西部で洪水 Reviewed by RichKid on 2月 08, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.