SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

米海軍の2空母打撃群、南シナ海で演習…仏原子力潜水艦、南シナ海を巡回

 米海軍の2つの空母打撃群が9日、複数の国が領有権を主張する南シナ海での合同演習を開始した。バイデン政権が自国の海軍力を改めて誇示した形となる。同政権は南シナ海における中国の領有権主張に対し、厳しい姿勢で臨むと公約している。



米海軍は声明で、空母「セオドア・ルーズベルト」と同「ニミッツ」並びに随伴する複数の誘導ミサイル巡洋艦、駆逐艦が演習を行ったと述べた。両空母は約120機の戦闘機を搭載する。


中国政府は南シナ海のほぼすべての範囲で領有権を主張し、2014年以降、岩礁や砂州に人工島を建設。ミサイルや滑走路などを配置して軍事拠点化を進めている。同じく南シナ海の領有権を主張するフィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、台湾の各政府はこの動きに反発している。


米海軍は7カ月前にも、空母2隻を南シナ海へ6年ぶりに派遣。中国からの厳しい対応を引き起こしていた。



バイデン大統領は今月4日の演説で、中国を米国にとって「最も重大な競争相手」と形容。中国政府による「人権、知的財産、国際的規範に対する攻撃」と対峙(たいじ)する方針を明示した。


また7日にはCBSニュースとのインタビューで、米国政府が中国政府と「極限の競争状態にある」との認識を示した。


一方で中国政府と対峙する際には同盟国との協調を前提とすると約束し、トランプ前政権との政策の違いを強調した。



中国は南沙諸島で勝手に領有権を主張して軍事施設を造っている。現況はこの周辺国は弱小で,一国では対中国にはなれない。ここに楔を入れて米国が本腰て照れて2空母打撃群を投入して来た。頼もしいことです。


他方尖閣も同様に勝手に領有権を主張して,2-4隻の公船(武器搭載)で,日本領で事を起こしている。中国の戦力を分散させるためには,印度も国境で軍事を集める事も必要です。中国対策は,当面兵力の分散作戦も有効です。


一方、仏原子力潜水艦、南シナ海を巡回 中国の反発必至。



フランスのフロランス・パルリ(Florence Parly)国防相は8日夜、仏海軍の攻撃型原子力潜水艦と支援船が南シナ海(South China Sea)を巡回したと明らかにした。同海域の大半で領有権を主張している中国の反発は必至だ。


巡回したのは、仏攻撃型原潜エムロード(Emeraude)と支援船セーヌ(Seine)。


パルリ氏はツイッター(Twitter)に2隻の写真を投稿し、今回の南シナ海の巡回は「わが海軍が、オーストラリア、米国、日本という戦略的パートナーと共に、遠く離れた海域に、長期間展開できることを証明している」とコメントした。



中国は、石油やガス資源があると考えられている南シナ海のほぼすべての海域で領有権を主張。


北大西洋条約機構(NATO)加盟国のフランスは、太平洋の海外領土周囲に排他的経済水域(EEZ)を有しており、域内の航行の自由の重要性を強調している。

米海軍の2空母打撃群、南シナ海で演習…仏原子力潜水艦、南シナ海を巡回 米海軍の2空母打撃群、南シナ海で演習…仏原子力潜水艦、南シナ海を巡回 Reviewed by RichKid on 2月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.