SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

文在寅、人生終了レベルのスキャンダル発覚…「北に原発建設」mo

 文在寅も退任後は逮捕されるんじゃないか?韓国内では脱原発を推進しておきながら、北朝鮮では逆に原発の建設を推進しようとしていたそうだ。2018年当時の内部文書が外部に公開されたことで発覚したという。いまや北朝鮮との関係も滅茶苦茶ですべて破談状態だろうが、それにしてもこの男の薄っぺらさには反吐が出そうだ。



韓国産業通商資源部(省に相当。産業部)が2018年の4・27南北首脳会談直後、北朝鮮に原発を建ててやる案を検討した文書が多数確認された。これらの文書は、監査院の月城原発1号機監査の直前、産業部の公務員が違法に削除したファイル530件の中に入っていた。このファイルは全て「60 pohjois」というフォルダに収められていた。pohjoisとは、フィンランド語で「北」という意味だ。「北原推」(北朝鮮原発建設推進方案)という下位フォルダもあった。なじみのないフィンランド語や略語などを使用して、外部からは分からないように秘密ファイルを作ったのだ。これらの文書は、4・27首脳会談が終わって5月26日に第2次首脳会談が開かれる直前の、5月2日から15日にかけて集中的に作成された。


文書を見ると、韓国政府は対北原発建設や各種電力事業、かつてのKEDO(韓半島エネルギー開発機構)モデルまで具体的かつ広範囲に検討したものとみられる。KEDOは1995年、北朝鮮の核凍結の見返りとして北朝鮮に軽水炉2基を建設してやる事業を担当した機関だ。北朝鮮が核関連の約束を破棄し、核開発を再開したことで、事業は中断された。ところが北朝鮮との非核化交渉が本格化する前に、再び原発を建ててやる案から検討していたのだ。



文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4・27首脳会談で、金正恩(キム・ジョンウン)に韓半島新経済構想を収めた冊子などを渡した。金正恩と板門店の人道橋を散策した際には、「発電所の問題…」と語る音声もキャッチされた。首脳会談で北朝鮮の電力問題が検討され、その後、実際に北朝鮮へ原発を建ててやる計画を検討した蓋然性が高い。当時、韓国政府は脱原発を荒っぽく押し付け、まともに動いている月城原発1号機を早期に閉鎖しようとしていた。ところが裏では、北朝鮮に原発を建ててやろうとしていたのだ。


文大統領は、原発は危険で脱原発すると言った。ところがチェコに行くと、韓国の原発が世界で最も安全だというような形で自慢した。危険だから月城原発1号機を閉鎖するというのに、どうやっても危険を作り上げられないとなると、今度は経済性の問題を作り上げて閉鎖した。月城原発1号機の問題を話し合って議決する韓水原(韓国水力原子力)理事会開催のほぼ1カ月前、既に韓国政府は青瓦台(韓国大統領府)に「閉鎖する」と報告していた。こうして、韓国国民の税金7000億ウォン(現在のレートで約655億円。以下同じ)を一瞬で吹き飛ばしてしまった。月城原発1号機が作り出す電気まで合わせると、損失は1兆ウォン(約936億円)を超える。世界最高の競争力を持つ韓国の原発産業も崩壊しつつある。この損失は計り知れない。それでいて北朝鮮には原発を建ててやるというのだから、この精神分裂的な様子をどう見るべきか。



北朝鮮原発支援に対する批判が強まると、青瓦台は「事実と異なる、世を惑わし人を欺く主張」とコメントした。しかし具体的な説明は一つもできなかった。産業部は「首脳会談で出て来ることがあり得る南北協力を実務レベルで検討し、整理しただけ」とした。それが事実なら、こうも必死かつ組織的に隠すべき理由はない。なぜ日曜日の夜半にこっそりオフィスに入って関連ファイルをことごとく削除したのか。この問題を暴いていったら、衝撃的な諸事実が露わになるだろう。


文政権が監査院の監査を執拗に妨害し、検察の捜査を妨げるため検察総長までクビにしようとした理由も察しが付く。自分たちには「査察DNA」がないと言うのに、脱原発反対団体の動向報告書も作った。北朝鮮の「詐欺非核化」に対し、韓国が原発まで作ってやるというのは、妥当といえるか。首脳会談ショーのために敵を助けているのではないか。検察は命運をかけて、この国家自害行為について捜査しなければならない。

文在寅、人生終了レベルのスキャンダル発覚…「北に原発建設」mo 文在寅、人生終了レベルのスキャンダル発覚…「北に原発建設」mo Reviewed by RichKid on 1月 31, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.