SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本と韓国の艦船が長崎近海で衝突寸前…日本のEEZでにらみ合った日韓

 1月11日の話になるが、海上保安庁の船が韓国海洋警察の艦船と長崎近海で衝突寸前だったそうだ。現場は五島列島の女島西140kmとのことで竹島とも対馬とも離れているが、日本と韓国の中間に位置する場所と言える。韓国が一方的にEEZだと主張していることから日本に圧力をかけてきたようだ。日本も譲らず対峙を続け一触即発の事態となった。



1月11日、海上保安庁の測量船「昭洋(3000t級)」が長崎・五島列島南西の女島の西方約140キロの海上で海洋調査を行なっていたところ、韓国海洋警察の警備艦が接近し、「韓国の海域だ」として調査の中止を要求した。「昭洋」が調査活動を行なっていた海域は済州道西帰浦(チェジュド・ソギポ)から129kmの距離にあり、日本と韓国の双方が自国の排他的経済水域(EEZ)だと主張している。


1月11日午前3時25分頃、昭洋に接近した韓国海洋警察の警備艦は、無線で「ここは韓国領海だ。 海洋科学調査をするためには韓国政府の事前同意が必要だ」とし、昭洋に並走しながら同日午前9時22分まで調査の中止要求を繰り返した。昭洋は、日本のEEZ内だと反論して中止要求を拒否。同午前11時40分頃に一旦、海域を離れたが、午後0時7分からは別の韓国警察庁の所属船が同4時52分まで中止要求を繰り返し、日韓双方の船舶が対峙した。



日本政府は、自国EEZ内の正当な調査活動だとして、外交ルートを通じて韓国政府に抗議した。韓国は2020年8月にも近くの海域で調査中だった海保の船に同じく中止要求し、日本政府が抗議していた。


EEZ(exclusive economic zone)は、海上、海中、海底と海底下の水産資源や鉱物資源と海水、海流、海風から得られる自然エネルギーの探査や開発、保全管理を独占できる国連海洋法上の海域で、自国の沿岸線から200海里(370.4キロ)まで設定できる。


日本は、国土面積は世界61位だが、EEZは世界6位で、日本の45倍の国土面積を持つロシアより広い海洋面積を有している。複数国の水域が重なる重複海域の場合は、どこで線引きを行うかは規定がなく、当該国が協議して定めることとされている。



海上保安庁と韓国海洋警察が対峙した海域は、韓国と日本の沿岸からいずれも200海里以内にある両国のEEZが重なる「重複水域」で、相互協議で海域を定める必要があるが、韓国側が独島と呼ぶ竹島の領有権問題などで合意には至っていない。領海とEEZが広範囲に及ぶ竹島は、日韓双方が領有権を主張している。最大の懸案が解決できない状況で、海域を定めることは難しい。


■ 日韓関係が良ければ問題にならないが・・・


慶南大学校極東問題研究所の趙眞九(チョ・ジング)助教授は13日、ロシアメディア「スプートニク」とのインタビューで、「韓中日3国の海域には韓日、韓中、日中が重なり合うEEZ海域があり、それぞれがEEZを主張して協議を続けているため、常に衝突の可能性がある」と指摘した。


趙教授はまた、「3カ国が200海里を超える位置なら大丈夫だったが、重複海域で中間線を引くかなどいくつかの原則がある。それが合意されればいいが、それに対する合意はない」「境界画定交渉が終了せず、その海洋経済を巡って互いが相反する主張をしている状況だ」と説明。「EEZは漁業問題もあるが、海の平和利用に関わる活動など、領土問題と直接的な関連がなければ大丈夫なのだが・・・」と付け加えた。



趙教授によると、2000年代半ばにも韓国の蔚山沖で日韓の船舶が絡み合ったことがあるという。この時は、韓国海洋警察と日本海上保安庁の巡視船が出動した際に、両国の漁船がロープで縛って睨み合いをしていたという。 趙教授は「韓国漁船が日本側に進入し、停船命令を無視して日本の海域を出たところで起きた事件で、問題解決のために谷内外務省次官(当時)が訪韓して協議を行なって解決した」と説明した。 


また、趙教授は「(日本側が)どのような測量をするのか分からないが、両国とも先に譲歩することを望まないため、今後もこのような(EEZを巡る衝突が))繰り返される可能性もある」と指摘する一方、「両国関係は良好ならこれほど大きな問題になる事項ではない」と強調した。


EEZは各国の利害関係と国別計画が深く関わるため、境界の画定合意は容易ではないが、実務者が外交当局と協議するレベルの事案であって、首脳会談で協議するほどではない。実際、日中韓3か国首脳会議で議論されたこともない。



日本と韓国の間は様々な問題が続く中、日本軍元慰安婦被害者に対する韓国裁判所の賠償判決が下されたこともあって関係改善の糸口を見出せずにいる。今回の海洋保安庁船舶の測量作業では、日韓双方は3日間対峙した。


外交部の韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は1月12日の定例会見で「関係機関によると、日本側船舶の調査活動遂行位置は韓国側EEZに該当すると把握している」「政府は国際法および関連法令に基づき、韓国政府の管轄海域で正当な法執行活動を常時的に遂行している」という見解を明らかにした。


一方、韓国・海洋警察庁の関係者は「日本が韓国のEEZだと認めていない海域で起こった事件」と述べている。2020年8月にも日本の測量船「平洋」が同海域で調査活動を行なって、韓国洋警察の船舶が中断を要求した。



日本政府は「日本EEZにおける正当な調査活動」という立場である。 加藤勝信官房長官は記者会見で「外交チャンネルを通じて『該当調査はわが国(日本)のEEZで行われているもので、韓国の中断要求は受け入れられない』と伝えた」と述べ、「予定通り調査を続けている」と話した。


海上保安庁は、同海域の水深などの海洋基礎調査を2月まで続ける計画だ。

日本と韓国の艦船が長崎近海で衝突寸前…日本のEEZでにらみ合った日韓 日本と韓国の艦船が長崎近海で衝突寸前…日本のEEZでにらみ合った日韓 Reviewed by RichKid on 1月 19, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.