SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「世界一の美女」仏女優ナタリー・ドロンさん死去、79歳

 フランスの女優で、かつて「世界一の美女」の一人とも呼ばれたナタリー・ドロン(Nathalie Delon)さんが21日、がんのため死去した。79歳。息子がAFPに明らかにした。



元夫の伝説的俳優アラン・ドロン(Alain Delon)さん(85)との間の息子で、自身も俳優のアントニー(Anthony Delon)さんは、「母はけさ11時、家族と友人にみとられパリで亡くなった」と説明。ナタリーさんは非常に進行の速いがんを患っていたと語った。


ナタリーさんが世界で知られるようになったのは、アランさんと共演した1967年の作品『サムライ(Le Samourai)』。ただそれ以前から、オーストリアの有名女優ロミー・シュナイダー(Romy Schneider)さんと長く交際していたアランさんを誘惑した女性としてメディアをにぎわせていた。



1964年8月に極秘挙式したナタリーさんとアランさんは米ロサンゼルスへ移り、1か月後にアントニーさんが生まれた。しかし他の女性とのうわさが絶えない夫とのハリウッド(Hollywood)生活にうんざりしたナタリーさんは、息子を連れて別居。夫妻は後に離婚した。


ナタリーさんは1980年代に、『スウィート・ライズ(Sweet Lies)』など自身の出演作の監督も務めた。


ナタリーさんとアランさんは離婚後も友人関係を維持。アランさんは21日、AFPに対し、「とても悲しい。自分が愛した人が亡くなることは常に痛ましいものだ」とコメント。「僕らは常に連絡を取り合い、頻繁に会っていた。僕は彼女の人生の一部で、彼女は僕の人生の一部だった。クリスマスをまた共に過ごして、一緒に写真を撮った。最後の写真になった」と語った。



ナタリーさんはスペイン起源の女性で、仏領モロッコのオラン(スペイン人が多い街)に産まれた。10代で最初の結婚をしたのち、パリに渡った。こういう起源の複雑さが、彼女独特の魅力をつくったのかもしれない。


ロミー・シュナイダーと婚約していたアラン・ドロンは、彼女の緑の瞳に呪縛されたと言われる。


二人は結婚したが、破局した。「私はとても甘かった(傷つきやすかった)。私は常に誠実だったのに、彼は違った」と語っている。


また、フランスの最大の労働組合に対抗して、アランさんが新たな俳優組合を立ち上げたが「彼に嫌気がさし始めたの。彼の考えに賛同できなかった」という。離婚を決意し「私はすべてを捨てて、息子と家政婦と一緒に出て行ったの、それだけよ」と語る。



離婚後も、息子を通してつながりがあった。昨年末には、息子アンソニーさんのインスタグラムに、元夫婦が並んだ写真が投稿された。


絶世の美女でしたね。昔の美人って今のように美容器具や化粧品が発達しているわけでなく天然で綺麗なので本物の美女だと思う。リアルタイムではあまり知らないけれど、この人の活躍した時代は私生活をあからさまに晒したりとか芸能記者が追い掛け回すというのも今のようには無かったのであまり余計な情報が無く神秘性のあるところがまた良かったと思う。ご冥福をお祈りします。

「世界一の美女」仏女優ナタリー・ドロンさん死去、79歳 「世界一の美女」仏女優ナタリー・ドロンさん死去、79歳 Reviewed by RichKid on 1月 22, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.