SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国、停電に加え断水、当然インターネットも使えない…戦時状態tq

 中国の停電が広範囲に影響を及ぼしつつある。ついに水道も止まったそうだ。水のポンプまでもが停電で動かなくなったからだ。当然インターネットも使えない。ライフラインがすべて遮断されようとしている。中国人民は贅沢をしすぎたのだ。文明のありがたみを思い知るがいい。



その日の12月20日の香港メディアのニュースによると、広州、東関、深セン、中山、フォーシャン、慧州、朱海などの広東省の都市では、街灯さえも遮られ、一部のネット市民は路上での停電の写真をソーシャルメディアにアップロードした。プラットフォーム;ウォーターポンプの電源障害により、多くの場所で水が遮断されています。


一部のネット市民は、水供給も深夜に遮断されたと述べた。広州の市民は、深夜に電力供給局のサービスホットラインに電話し、チャイナサザンパワーグリッドから「グリッド障害」として返信を受け取ったと述べました。現在、広元西路、李湾区、東風西路、黄石西路のエリアがあります。影響を受けます。



広東省の停電前は、断水前に警告なしに大規模な停電が発生し、一部の地域で小さな混乱が発生し、病院、老人ホーム、学校の寮がすべて影響を受け、大規模な停電が発生しました。また、停電は多くの基地局の送信機に影響を及ぼし、モバイルネットワーク信号がブロックされました。オフ。


中国のステートグリッドは、本土での継続的な高電力負荷のために、全国の多くの州が連続的に電力を削減し、ステートグリッド湖南電力が「戦時状態」に入ると以前に発表しました。


文明そのものが崩壊しかねないね。年末までこういったトラブルが頻発するようなら中国は最悪のクリスマスを迎えることになる。というか強制ロックダウンだよなこれは。



中国は、不必要なイルミネーションが多過ぎます!人がいないビルでも、電気を付けっ放しにするんです。


まあ見栄だけで生きてるような国だから光で虚飾しないとやっててられないのかもね。文明のありがたみを間もなく知ることになるだろう。戦時状態に陥るならばなおさらだ。

中国、停電に加え断水、当然インターネットも使えない…戦時状態tq 中国、停電に加え断水、当然インターネットも使えない…戦時状態tq Reviewed by RichKid on 12月 24, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.