SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国南部で7人乗船の漁船転覆…6人乗船し行方不明の漁船、和歌山沖周辺で沈没の可能性

 29日夜、韓国済州島の海上で転覆した引き網漁船32ミョンミン号(39トン)が、済州防波堤にぶつかって破損し、済州海警が緊急調査に乗り出す。



済州海洋警察署によると、この日の午後、済州港の北西約2.6kmの海上で転覆した引き網漁船32ミョンミン号の乗船員7人の救助が難航している。


今までに救助された船員はいない状況だ。


この日、海上警察は夜間に転覆した船体が沈没しないようにリフトバック(空気袋)を設置して、船体内への進入を数回試みた。



しかし、波浪警報が発令された海上には高波が起き、強い風に船が押されて済州防波堤にぶつかった。


船体は破損し、船上に残っていると推定される船員の位置が把握できておらず、海洋警察は緊急集中調査を行う予定である。


済州地方海警庁所属の全職員を投入し、済州港近くの海上を調査する。



転覆した引き網漁船には、船長のキム某氏(55)をはじめ、韓国人船員4人とインドネシア人船員3人の計7人が乗っていたことが確認された。


船内で船員の生存が確認されたが、悪天候の影響で救助活動は難航している。事故海域は風速15~17メートルの激しい雨風に見舞われており、波の高さは4~5メートルと高くなっている。


ちなみに、厳しい冬を迎えているロシア北部の北極海で漁船が転覆し、乗組員17人が行方不明になっています。


ロシア・ムルマンスク沖合の北極海で28日、19人が乗ったトロール漁船が転覆して沈没しました。直後に2人は救助されましたが、残る17人の行方が分かっていません。捜索が続けられていますが、現場海域の気温はマイナス20度を下回っているため、タス通信は行方不明者の生存について絶望的だと報じています。事故当時、漁船は網を引きあげる作業をしていて、船体のバランスが崩れて転覆したとみられています。この事故について、ロシアのプーチン大統領は「犠牲者の遺族にお悔やみを伝え、生存者を支援する」というコメントを発表しました。


一方、6人乗船し行方不明の漁船、和歌山沖周辺で沈没の可能性



22日午前に6人が乗船して愛媛県愛南町を出港後、三重県に向かう航行中に行方不明となっている漁船「第8しんこう丸」について、第5管区海上保安本部は25日、航路付近に油が浮いていた和歌山県沖を中心に捜索を続けた。周辺で沈没した可能性があり、捜索は長期化する恐れが出ている。


漁船が所属する「戸田水産」(宇和島市)は25日、報道陣に対し、戸田好秀代表の「乗組員の無事を信じて待っています」とするコメントを出した。


乗組員の家族らも不安の中、無事を祈る。浅井京さん(25)の祖母・素子さん(83)は「優しい孫で、腰の悪い私を車で買い物に連れて行ってくれることもある」とし、「(行方不明は)本当なんですかね。信じられません」と話した。



第8しんこう丸は行方不明になる前、高知県・室戸岬の近くで同じ宇和島の船に目撃されていた。


住宝丸活魚運搬(宇和島市)の住田富重社長は、自社の船が22日午後7時30分頃、室戸岬の南西約40キロ付近で第8しんこう丸を追い抜いていたことを明かし、「大阪湾に出入りする大型船が多く、航行には注意が必要な海域。何らかの事故に遭ったのでは」と心配していた。

韓国南部で7人乗船の漁船転覆…6人乗船し行方不明の漁船、和歌山沖周辺で沈没の可能性 韓国南部で7人乗船の漁船転覆…6人乗船し行方不明の漁船、和歌山沖周辺で沈没の可能性 Reviewed by RichKid on 12月 30, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.