SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国の医師ら6人は違法な臓器移植を行

 臓器移植に関する正規な手続きを経ずに、交通事故の負傷者ら11人から肝臓や腎臓を違法に摘出したとして、中国安徽省の病院勤務の医師ら6人が懲役10月~2年4月の実刑判決を受けていたことが明らかになった。複数の中国メディアが報じている。



中国では、2015年にドナー(臓器提供者)の9割を占めていた死刑囚からの臓器移植を停止したことでドナー不足が深刻化。現在、推定で30万人もの人々がドナーを待っている状態だという。


今回の事件では、臓器移植を担当する医師らが、ドナー不足に付け込んで、患者から多額の費用を要求した上で、組織的に臓器摘出に関与していたとのこと。違法な臓器移植の深い闇の一端が明らかになった。中国で医師の臓器売買グループの摘発が公表されたのは初めて。


事件の発端は、事故で死去した母親が臓器摘出を受けたことに関して疑問を持った男性による通報。警察の取り調べを受けた同省懐遠県人民病院の集中治療室(ICU)の主任医師ら医師4人を含む医療関係者6人が犯行を自供した。



主任医師らは2017~2018年に交通事故などの負傷者ら11人の家族に対して、「臓器移植を行えば、国の補助金が給付される。また、臓器を移植される患者からも多額の礼金をもらうことができる」などをもちかけて臓器移植に応じるよう説得した。


中国では2013年以降、ドナーと移植先のマッチングは正規の統一システムのもとで行われ、関係機関への報告義務も必要だ。さらに、臓器摘出手術には赤十字社スタッフも立ち会わなければならないが、今回の事件は一連の手続きがすべて無視されていた。


事件にかかわった主任医師ら6人は今年5月に起訴され、8月に安徽省の上訴審で故意遺体損壊罪による実刑判決が確定した。



英BBC放送は最近、オンラインで臓器売買の「商談」がなされる中国の闇市場についてルポルタージュ番組を放送。21歳の男性がギャンブルでの借金を返すために、腎臓を7000元(約11万2000円)で売却したと報じている。その男性は医師グループと接触し、患者との臓器の適合性をチェックするための診断を受け、患者とのマッチングを確認。2週間後に近郊の農家の建物にある仮設の手術室に連れていかれて、摘出手術を受けたという。


中国だったら、肉親の死去に際していつの間にか臓器を盗まれていたことに気付いた事案なんて、何も今回が初めてだとは思えない。



話題となったのが初めてか、あるいは警察(行政)が重い腰を上げたのが初めてではないのか?

中国の医師ら6人は違法な臓器移植を行 中国の医師ら6人は違法な臓器移植を行 Reviewed by RichKid on 12月 06, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.