SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国の国策半導体メーカーがたった470億円の社債を返済できず2度目のデフォルトをやらかした

 中国の国有半導体大手、紫光集団が2度目の社債債務不履行に陥った。10日に利払い日を迎えた人民元建て債の利息を支払えなかった。同じく10日満期のドル建て債も償還は難しい状況だ。紫光集団は「傘下企業は正常に運営している」とするが、習近平(シー・ジンピン)国家主席が掲げる半導体国産化に支障を来す可能性もある。



2018年12月に発行した社債の利払いが滞り、11月の私募債13億元(200億円強)に続く債務不履行となった。紫光集団は7日時点で「資金繰り難のため利息の支払いに不確実性がある」と表明、中国国内の格付け会社も投資不適格の「シングルB」まで格付けを引き下げていた。


ドル建て債4億5千万㌦(約470億円)の償還に必要な資金の手当ても進んでいないもよう。紫光集団は20年6月末時点で1566億元の有利子負債を抱え、うち5割強が1年以内に期限を迎える。



中国の紫光集団、ドル建て債でクロスデフォルトへ-元本返済不能


中国半導体メーカーの紫光集団は、10日満期のドル建て債4億5000万ドル(約470億円)相当で元本返済ができないことを明らかにした。別の20億ドル相当の債務も不履行と見なされるクロスデフォルトを引き起こすとしている。


同社が9日遅くに香港取引所に届け出た資料によると、クロスデフォルトとなる20億ドル相当の内訳は、2021年償還債10億5000万ドル相当、23年償還の7億5000万ドル相当、28年償還の2億ドル相当。紫光集団は11月半ば、人民元建て債13億元(約207億円)相当で債務不履行となったが、ドル建て債でのデフォルトは初めて。届け出によれば、4億5000万ドル相当のドル建て債は新たな通知があるまで取引停止となる。



紫光集団のドル建て債のデフォルトは、中国当局が関与する企業の健全性への懸念を一段と高めそうだ。本土のクレジット市場は既に先月の相次ぐデフォルトで混乱している。

中国の国策半導体メーカーがたった470億円の社債を返済できず2度目のデフォルトをやらかした 中国の国策半導体メーカーがたった470億円の社債を返済できず2度目のデフォルトをやらかした Reviewed by RichKid on 12月 12, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.