SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の製造業、日本より2.9倍速く老いていく

 韓国経済研究院が1999~2019年の韓国と日本の製造業高齢化推移を比較した結果、韓国の製造業の労働者の平均年齢は1999年の35.5歳から2019年には42.1歳で6.6歳高くなった。これに対し、日本は40.4歳から42.7歳に2.3歳に上昇したと明らかにした。韓国の製造業労働者が日本より上昇幅基準で2.9倍速く高齢化していることになる。



韓国経済研究院はこの20年間の速度のままならば2022年からは韓国の製造業労働者が日本より高齢化するものと予想した。1999年に韓国の製造業労働者は日本より4.9歳若かったが、昨年はこの差が0.6歳に縮んだ。


両国の製造業労働者を年齢帯別に見ると、韓国は15~29歳の青年層の割合が1999年の32%から昨年は16%と半分水準に落ちた。30代もやはり6.3ポイント減少した。これに対し40代は3.6ポイント、50代は14ポイント、60歳以上は4.7ポイントと比較的高い年齢帯ではいずれも増加した。



日本は韓国と同じように青年層の割合は減ったが減少幅は6.4ポイントで韓国より小さいと分析された。30代は1.2ポイント減少し、40代は3.7ポイント増加した。50代・60代も割合がともに増加した韓国と違い、日本は50代の割合は1.5ポイント減り、60代は5.4ポイント増加した。


韓国経済研究院のチュ・グァンホ経済政策室長は「主力産業である製造業の急速な高齢化は生産性下落にともなう潜在成長率低下を引き起こす。人材高付加価値化と成果・職務中心の賃金体系改編、労働市場の柔軟化が後押しされなければならない」と話した。



日本は職人気質の高度な技を持った人も多いし、仕事に情熱も持ってるから高齢化社会の中、働ける間は後進育てながら働いてもらえばいい。


単純作業労働者が多く、今後アジア諸国に仕事を奪われる韓国では、若い人が入っても将来性がありませんよ。現役が引退する頃に仕事がなくなっていればちょうどいいのでは。

韓国の製造業、日本より2.9倍速く老いていく 韓国の製造業、日本より2.9倍速く老いていく Reviewed by RichKid on 12月 16, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.