SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

北朝鮮、また軍事パレード準備中…相変わらずですね1

 北朝鮮が10月に続いてまた閲兵式(軍事パレード)を準備する動きを見せ、関係当局が注視している。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の誕生日(1月8日)と開催を予告した第8回党大会に合わせて閲兵式をする可能性があるという見方が出ている。



複数の政府筋によると、北朝鮮軍が毎日3、4回ほど戦闘機を飛ばすなど閲兵式を準備する動きを、韓米関係当局が把握した。北朝鮮は10月に深夜に開催した閲兵式にLED電灯を付けた戦闘機を初めて登場させ、新型弾道ミサイルや先端武器を多数公開した。


ある消息筋は「北は10月、労働党創建75周年記念閲兵式を終えた後、一部の兵力を平壌(ピョンヤン)近隣の空港に残しておき、すぐに演習を始めた」と明らかにした。


また情報当局は北朝鮮が閲兵式の準備に着手した時期と来年1月の第8回党大会の開催が予想される点を総合すると、1月に閲兵式をもう一度する可能性があると判断している。



北朝鮮は10月10日に労働党創建75周年を終えた後、すぐに「80日戦闘」に入った。北朝鮮の朝鮮中央通信は10月6日、労働党中央委員会第7期第19回政治局会議の開催を伝え、「全党、全国、全国民が『80日戦闘』を力強く進め、第8回大会を輝かしく迎えることについて議論した」と明らかにした。


関係当局は北朝鮮の80日戦闘が10月12日に始まり今月30日に終わると予想している。北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は先月26日、「80日戦闘が始まってからいつのまにか40日余りが過ぎた」とし「すべての党組織は80日戦闘の目標実行に党事業の火力を集中すべきだ」と成果を促した。


2016年5月の第7回党大会は、「70日戦闘」終了から3、4日後に開催された前例がある。



関係当局は最近の北朝鮮軍の閲兵式開催の動きに関連し、金正恩委員長の誕生日(1月8日)と重なる点に注目している。


軍関係者は「金委員長の誕生日に合わせて閲兵式をしたり、閲兵式の内容に誕生日を象徴する演出が出てくる可能性がある」とし「2018年2月の建軍70周年の閲兵式を控えて行われた演習で、北の軍人が1月8日を意味する『1.8』隊形を作る姿が確認された」と伝えた。


当時、2月8日に建軍70周年を迎えて開催された閲兵式では、この「1.8」隊形は登場しなかった。北朝鮮は先代の金日成(キム・イルソン)主席、金正日(キム・ジョンイル)総書記とは違い、金委員長の誕生日を今まで公式記念日に指定していない。



米国のバイデン新大統領の就任式が1月20日という点を1月の閲兵式開催と関連させるという分析も出ている。


韓国国家戦略研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)外交安保センター長は「米国のバイデン政権に向けたメッセージを投げかけるレベルで(核実験やミサイル試験発射など高強度な挑発でなく)低強度挑発の閲兵式を開催したり(実際には開催せず)準備する姿を意図的に露出する可能性がある」と話した。

北朝鮮、また軍事パレード準備中…相変わらずですね1 北朝鮮、また軍事パレード準備中…相変わらずですね1 Reviewed by RichKid on 12月 02, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.