SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国「大学企業」のヤバい実力、習近平も学んだ「あの大学」tap

 習近平も学んだ「あの大学」



米有力シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」が今年7月、米国務省の支援を受けて作成した「日本における中国の影響力(China's Influence in Japan)」と題する報告書。安倍晋三首相(当時)の補佐官を務めた今井尚哉氏や自民党の二階俊博幹事長を「親中派」と名指ししたことで注目されたが、今度は米国の対中半導体規制の問題で脚光を浴びている。


しかも、本件は日本にも深くかかわる問題だ。該当部分を翻訳してご紹介したい。


《2019年12月、秋元〈司衆議院議員〉は中国のオンライン・スポーツ・ギャンブルの大手プロバイダー「500ドットコム)」から総額370万円(3万3000ドル)の賄賂を受け取ったとして逮捕された。同社の主要株主は、中国政府が支援する半導体メーカー「清華大グループ〈清華紫光集団〉」であり、同グループの51%の株式を保有しているのが、習近平〈国家主席〉や胡錦濤〈前国家主席〉を輩出した公立「清華大学」の完全子会社である清華ホールディングスだ。



胡の息子の胡海峰は同グループの党書記〈中国のおおよその企業では共産党組織が置かれている〉でもあった。「清華大学グループ」は、2013年11月に「500ドットコム」が初の四半期損失を計上したのちも臆せず株式を増やしたものの、同社の損失は続いた。そのため、「500ドットコム」は日本を含む中国国外での代替収益源を探そうと努めた。


「500ドットコム」は2017年7月に日本に子会社を設立し、その1か月後にカジノビジネスの可能性を議論するシンポジウムを沖縄で開催している。秋元も基調講演者として招かれたが、政府からの任命とあって200万円もの講演料を受け取った。こうした中国絡みの贈収賄スキャンダルは日本ではほとんど報道されていないが、両国の相互関係がさらに深まっていけば、また汚職事件が繰り返される可能性が高まるだろう》


アメリカの神経を逆なでした


ここで取り上げられた『清華大学グループ〈清華紫光集団〉』とは、1988年に清華大学のビジネスベンチャーとして設立され、その後、増資や多数の企業買収などを経てあっという間に世界的企業へと成長したIT企業だ。



同社の資料によれば、年間収益115億ドルと4万5000名の従業員数を誇り、世界で3番目に大きい携帯電話のチップ設計会社として、世界のSIMカード市場で20%のシェアを持つばかりか、中国最大のクラウドプロバイダーの1つでもあり、世界展開もしているという。


今年10月14日に上海市で開催された「中国国際半導体博覧会(IC China 2020)」でも、その展示は大いに注目された。経済記者が語る。


「世界最高レベルとなる128層の3次元フラッシュメモリーや5G(高速大容量の通信を可能にする第五世代のシステム)向けの半導体チップ、国産のDRAM(パソコンやスマートフォンに使われる半導体メモリ)などが展示されており、中国の独自技術を誇るかのような案配だった」



おりしも米国がファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)に続いて、米国企業をはじめ他社の技術を元に半導体を生産する中国最大のメーカーである中芯国際集成電路製造(SMIC)を輸出規制の対象とし、国際的な半導体サプライチェーンから中国の排除を強化した直後であっただけに、中国も今後の不安を払拭するのに懸命であったとみられている。しかし逆にこれが米国を逆なでした。


「『清華大グループ〈清華紫光集団〉』は看過できない」


さる米国筋はそう漏らしたというが、同グループのナンバー2と言える高級副総裁兼日本支社最高経営責任者に就いているのは、元エルピーダメモリ社長の坂本幸雄氏だった。米中関係に通じる外事関係者が語る。



「坂本氏は昨年末、DRAMを量産化する目的で清華グループにヘッドハンティングされ、日本を拠点に活動を開始している。東芝などから社員を集め、早くも成果を出しつつある。こうした点を米国は懸念している」


事実、坂本氏は週刊「東洋経済」10月24日号で、こう述べている。


「(使命は)日本が拠点の『設計センター』(川崎市)で最先端のDRAMを設計することだ。新型コロナウイルスの影響で始動が遅れているが、東芝やエルピーダの元社員を中心に半導体技術者が26人入ってくれる予定だ。彼らは前職では自分で自由に仕事ができないという不満を抱えてきたようだ。紫光の給料も魅力的だ」



中国への技術者の流出はかねて問題になってきたが、米中がIT技術をめぐって火花を散らす最中、中国側に立って先兵を務めるかのようなこの動きに、世界の関心が集まっている。

中国「大学企業」のヤバい実力、習近平も学んだ「あの大学」tap 中国「大学企業」のヤバい実力、習近平も学んだ「あの大学」tap Reviewed by RichKid on 11月 07, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.