SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国陸軍が汎用ヘリとして定評のあるUH-60 ブラックホークを退役させて

 韓国国防部が、性能改良事業を通して運用を継続しようとしていたブラックホーク・ヘリ(UH60)103機を退役させ、その代わりとしてさらに数兆ウォン(1兆ウォン=現在のレートで約910億円)を追加投入して韓国航空宇宙産業(KAI)のスリオン・ヘリを配備しようとしていることが5日までに分かった。韓国軍がブラックホークを配備したのは25年前のことだ。しかし、韓国国内で最近開発したスリオン・ヘリより優れた性能を持っているという。



国防部と防衛事業庁が保守系最大野党「国民の力」所属の韓起鎬議員に提出した資料によると、国防部と防事庁は、2013年から進めてきたブラックホーク性能改良事業を最近ひっくり返した。韓議員側は「19年5月に防事庁が突如として事業調整案を提示し、その後、スリオン配備を考慮するような方向で事業が進められた」と明かした。


ところが、ブラックホークの性能を改良する方が、スリオンを新規配備するよりも性能面やコスト面で効率的だという指摘がなされた。スリオンの飛行可能時間はブラックホークの84%、飛行距離は83%という水準だ。搭乗兵力もブラックホークは11人、スリオンは9人だ。このため、ブラックホークの性能を改良する代わりにスリオンを新規配備するとしたら、従来より31機多い134機が必要になる。韓国国防研究院は事業妥当性調査で、スリオンを新規配備する場合には事業費が1兆ウォンから3兆ウォン(約2700億円)増えると指摘した。



しかしその後、国防部は産業通商資源部を通して「国内産業波及効果」に関する項目を追加、新たに外部の機関への調査委託を行い、「産業波及効果はスリオン配備の方がブラックホーク性能改良よりも高い」という結論を出したという。韓議員は「8年間正常に進めてきた事業を、特定企業のヘリ配備のために軍がひっくり返そうとしている」と批判した。



UH-60 ブラックホークは軍用の汎用ヘリとしてはベストセラーもいいところで、Wikipedia(英語版)によると様々なバージョンで4000機以上が生産されているそうです。


近代化改修を経てまだこれからも現役で使用されることが間違いないもの。



日本でも救難用ヘリとして航空自衛隊と海上自衛隊が、海上自衛隊が哨戒ヘリとして、多用途ヘリとして陸上自衛隊がそれぞれ導入しています。


日本だけでも100機以上が導入されています。


ベストセラーであるからには当然、それなりに理由がありまして。


中型ヘリとして人員をそこそこ積める上にベトナム戦争を教訓として生存性が高められている。


航続距離も長く、さらに近代化改修によってデジタルディスプレイが導入されるなど使い勝手も向上している。なにより汎用ヘリとしてバランスが取れているのが大きい。


場合によっては大量に武装させて小さなガンシップみたいな使い方も可能です。



韓国軍も103機という大量導入を行っています。


そのブラックホークをすべて退役させて、韓国で製造されているスリオンを導入しようとしているとのこと。


まあ、性能が同等であれば「導入時により経済効果の高い国産品を」という考えかたはありなのですが。


スリオンはUH-60よりも航続距離が短く、搭乗できる兵数も少ない。



かつライセンス生産できるはずだった動力伝達装置は全量ユーロコプターからの輸入に頼ることになっている。


汎用ヘリになにを求めるか……ということではあるのですが。


ちなみにフィリピンでは汎用ヘリ導入時にスリオンとUH-60がコンペにかけられて、UH-60が選定されています。


韓国で作られているのだから、韓国向けなのかもしれませんね。

韓国陸軍が汎用ヘリとして定評のあるUH-60 ブラックホークを退役させて 韓国陸軍が汎用ヘリとして定評のあるUH-60 ブラックホークを退役させて Reviewed by RichKid on 10月 17, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.