SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

台風14号は西日本・東日本へ接近、接近前から前線に大雨

 10月6日(火)3時現在、台風14号(チャンホン)は日本の南の海上をゆっくりと北に進んでいます。今後は台風の発達に適した環境の領域を進むため勢力を強めながら北上し、8日(木)までには強い勢力となる見込みです。



西日本や東日本では明日7日(水)夜以降、台風接近前から前線による雨が降り出します。

本州に近い進路を通った場合は、西日本、東日本の太平洋側で大雨となるおそれがありますので、今後の動向に注意が必要です。


▼台風14号 10月6日(火)3時

 存在地域   日本の南

 移動     北 ゆっくり

 中心気圧   996 hPa

 最大風速   20 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 30 m/s



西日本に近づく可能性があるも、まだ予想の幅は大きい


台風は週末にかけて北上を続け、週の後半には奄美や九州に接近するおそれがあります。その後は日本列島の南岸を東に進む予想ですが、予報円が非常に大きく、現段階では進路やスピードには予想の幅が非常に大きく、正確に絞り込むのが難しい状況です。



ヨーロッパやアメリカなど世界各地の気象機関が計算したシミュレーション結果で今後の位置を比較すると、九州の南へ向かい本州の南を東へ進むものが多くなってきていますが、沖縄方面へ向かうものや、陸地から離れて東へ進むものまで進路には大きな幅があることがわかります。どのような進路をとるかは高気圧の勢力や、上空のジェット気流、気圧の谷などの位置次第で変化します。


進路予報は日が経つごとに精度が良くなるため、随時最新の情報を確認するようにしてください。


台風接近前から、太平洋側では雨に


台風14号接近前から関東など太平洋側では、秋雨前線の活動が活発になり、雨が降り出します。



台風の進路によっては、週末から週明けにかけて大雨となるおそれもあり、今後の情報に注意が必要です。


随時最新の予報を確認するようにしてください。


台風の名前


台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。


台風14号の名前「チャンホン(Chan-hom)」はラオスが提案した名称で、木の名前が由来です。


台風14号は今年10月の1つ目に発生した台風です。10月の台風発生数の平年値は3.6個です。


今年は7月までに発生した台風が合計2個ととても少なかったものの、8月は7個、9月は4個の台風が発生しています。


例年、10月には台風の発生数が少なくなり始めるものの、強い勢力のまま本州方面に近づくことがあるため油断が出来ません。台風による大雨や暴風への備えを今一度ご確認ください。

台風14号は西日本・東日本へ接近、接近前から前線に大雨 台風14号は西日本・東日本へ接近、接近前から前線に大雨 Reviewed by RichKid on 10月 06, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.