SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

米国でバカ売れした韓国現代自動車の車に想像の斜め上すぎる欠陥が発覚huyndai

 2020年9月10日、韓国・carguyによると、米国で勢いを増している韓国・現代(ヒュンダイ)自動車の大型SUV「パリセード」に「悪臭がする」との苦情が相次いでいる。



記事によると、「パリセード」は今年1~8月、北米で5万2086台を売り上げた。北米の大型(韓国基準)SUV販売数で13位に入り、昨年の22位から大幅に上昇したという。


ところが最近、米国の購入者から「車内からニンニクや腐った野菜の臭いがする」という不満が相次いで寄せられているという。これを受け現代自動車は先月27日に「悪臭問題について現在調査中」との立場を発表した。



悪臭は気温の高い日によりきつくなり、ほとんどがヘッドレストとシートの連結部分から発生している。一部の購入者は「ヘッドレストとシートを交換したが、状況は変わらない」と主張しているという。


原因はまだ明らかになっていないが、記事は悪臭の代表的な2つの原因として「ナッパレザーが熱を受けて変形した際に出る臭い」と「防炎剤の臭い」を挙げている。



専門家らは「防炎剤の使用過多」を指摘している。生産過程でシートに防炎剤を必要以上に塗ると高温で物質変化が発生し、腐った臭いが発生することがあるのだという。


現代自動車は過去にも、DM型サンタフェとアクセントのシートから「イカの臭いがする」との苦情が相次ぎ、物議を醸していた。


漏水やエンジンオイルへの冷却水の浸透、排ガスの室内への流入…



具体的にその場では、現代自動車の車品質という議論がたびたび繰り返された。


最近は良くなったとはいえ、少し前まで車体の腐食が問題となり、今も新車が出るたびに漏水やエンジンオイルへの冷却水の浸透、排ガスの室内への流入などといった大小の問題点がインターネットを賑わしている。


一方、最近はジェネシスのSUV「GV80」ディーゼルエンジンの騒音と振動が問題になった。


6月に発売されたGV80は生産中断となり、数日前に販売が再開されたところだ。


このような問題に対する現代自動車の対応は消極的で、消費者を憤慨させる要因にもなっている。

米国でバカ売れした韓国現代自動車の車に想像の斜め上すぎる欠陥が発覚huyndai 米国でバカ売れした韓国現代自動車の車に想像の斜め上すぎる欠陥が発覚huyndai Reviewed by RichKid on 9月 12, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.