SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本漁船が見つけた漁場に中韓台の漁船が押し寄せて争奪戦が始まっている!不漁とそれに伴う浜値高騰のダブルパンチ

 道東沖サンマ漁の主力となる棒受け網漁が10日、解禁から1カ月たった。全国の水揚げ量の大半を占める根室・花咲港では前年同期の8割減と記録的不漁だった昨年を大きく下回る厳しい漁模様だ。不漁とそれに伴う浜値高騰のダブルパンチで、水産加工業をはじめ幅広い業種に影響が出始めている。札幌の店頭では旬のサンマが手頃な値段で買えず、秋の味覚を代表する大衆魚は食卓から遠のく一方だ。



10日朝の花咲港。例年は1日数百トンの水揚げで活気づくが、この日は大型船5隻と中型船1隻の計30トンにとどまった。青森県の大型船、第65新生丸(184トン)の漁労長(48)は「魚群がソナー(水中音波探知機)に映らない。昨年より悪い」と肩を落とした。


漁業情報サービスセンター(東京)によると、8月の全国の水揚げ量は前年同期比8割減の166トンで、うち花咲港が164トン。花咲港の水揚げ量は9月に入ってからも10日までの累計で同8割減の150トン余りと振るわない。



主要な漁場は約1350キロ離れた北太平洋の公海で、昨年の同じ時期より150キロも遠い。それでも「魚群と呼べる程の大きな固まりがない。単発的に見つけたサンマを取っている」(漁業情報サービスセンター道東出張所)状況。日本漁船が公海で見つけた狭い漁場に台湾や中国、韓国の船が集中し、不漁の中で争奪戦の様相を呈しているという。


根室・花咲市場でのサンマ1キロ当たりの単価は高値で2千円を超え、昨年の約2倍だ。サンマ加工品を製造する兼由(かね よし)(根室)の浜屋高男社長は「花咲港で1日数十トンの水揚げ量では絶対に足りない」と嘆く。薄利多売で稼ぐ従来の手法が通用しなくなっているという。



別の水産加工業者は「昨年水揚げされた冷凍のサンマを原料に使っていたが、もう在庫が尽きる。今のような不漁と高値が続けば新たな原料を買えず、製品を作れなくなる」と窮状を訴える。


影響は水産加工業にとどまらない。生のサンマを運ぶ発泡スチロール製の箱を製造する根室スチレン(根室)の高岡一朗社長は「まさかここまで不漁になるとは思わなかった」と驚く。加工業者向けの出荷がほとんどないのだという。



道内各地に展開する食品スーパーの北雄ラッキー(札幌)は10日、札幌の店舗で例年の4倍近い1匹386円のサンマを並べた。足を止めた客が値段を見て立ち去る姿が見られた。同社は入荷量の激減でサンマの販売店舗を大型店に絞る。旬のサンマはチラシ広告を飾る目玉商品だが、「掲載できる見込みはない」という。


札幌市中央卸売市場でも10日の中心価格は1キロ1500円前後と例年の約4倍。冷凍のサンマの卸値も3倍以上に跳ね上がっている。

日本漁船が見つけた漁場に中韓台の漁船が押し寄せて争奪戦が始まっている!不漁とそれに伴う浜値高騰のダブルパンチ 日本漁船が見つけた漁場に中韓台の漁船が押し寄せて争奪戦が始まっている!不漁とそれに伴う浜値高騰のダブルパンチ Reviewed by RichKid on 9月 13, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.