SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

台風10号、眼がくっきり、あすにかけて沖縄・奄美に最接近!甚大被害のおそれ

 大型で非常に強い台風10号は、眼がくっきりしていて、勢力の強さを表しています。今後、猛烈な勢力に発達して沖縄や奄美に接近。台風から離れた関東甲信でも局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨に警戒が必要です。台風10号は、眼がくっきりしていて、勢力の強さを表しています。今後、猛烈な勢力に発達して沖縄や奄美に接近。台風から離れた関東甲信でも局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨に警戒が必要です。



きょう(5日)も関東甲信は大気の状態が不安定です。原因は暖かく湿った空気。台風から離れていても、日本付近には台風周辺や高気圧のフチを回る暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲や雷雲が発達しやすくなっています。


関東甲信は、午前11時頃から山沿いで雨雲が湧き始めました。午後になってからは局地的に雨雲が発達して、関東北部や山梨県などでは雷が鳴っている所もあります。


夕方以降は、平野部にも雨雲がかかりそうです。



関東甲信ではきょう(5日)の夜遅くにかけて、山沿いを中心に雨の降り方が強まる所があるでしょう。土砂災害や落雷、突風などに注意が必要です。


今夜にかけては山沿いだけでなく、平野部にも雨雲が広がりそうです。局地的にバケツをひっくり返したような「激しい雨」が降り、関東北部や長野県は滝のような「非常に激しい雨」が降りそうです。しかも天気の悪化が急なため、アッという間に道路が冠水することも考えられます。雷の音が聞こえる、急に冷たい風が吹くなどしたら、天気急変のサインです。屋外にいる場合は、建物の中に入るなど安全な場所に移動しましょう。



あす(6日)も雨雲の発達しやすい状況が続きますので、空模様の変化に注意して下さい。冠水することも考えられます。雷の音が聞こえる、急に冷たい風が吹くなどしたら、天気急変のサインです。屋外にいる場合は、建物の中に入るなど安全な場所に移動しましょう。


非常に強い台風10号は、きょう午前6時には南大東島の南南東にあって、時速15キロで西北西へ進んでいる。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は70メートルで、暴風域を伴っている。



台風は、あす日曜午前に沖縄地方へ、あす午後にかけて奄美地方へ特別警報級の勢力で最も接近する見込みだ。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、あす午後からあさって月曜日にかけて九州に接近または上陸するおそれがある。


甚大被害のおそれ、台風接近前に備えを。


たとえ、少し離れた海上を進むことになっても、勢力が大変強いため、甚大な被害が出るとみられる。台風が近づく前には、暴風や高波、大雨への備えをするとともに、避難計画を立てておく必要がある。今回は鉄筋が変形するほどの記録的な暴風になるおそれがあるため、家が脆弱な作りだったり、老朽化していたり、復旧中などの場合は、頑丈な建物への避難が必要だ。台風の動きこまめに確認しつつ、それぞれの状況に応じたタイミングで明るいうちの避難が必要だ。



台風の接近に伴い、沖縄地方では大東島地方を中心に次第に風が強まり、きょう昼前からあすにかけて暴風となる見込み。奄美地方や西日本でも、あすから月曜日にかけて暴風となる所がありそうだ。沖縄地方や九州南部・奄美地方では、一部の住家が倒壊するおそれがある猛烈な風が吹くとみられる。


風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒が必要になる。九州北部地方でも、月曜日は猛烈な風の吹くおそれがある。


また、大東島地方では、うねりを伴った大しけとなっている。きょう朝は、うねりを伴った猛烈なしけとなる見込み。また、沖縄本島地方や奄美地方ではきょう夕方から月曜日にかけて、西日本や東日本太平洋側ではあすから月曜日にかけて、警報級の高波となりそうだ。



台風が接近する地域では、記録的な暴風や高波となるおそれがあるため、最大級の警戒が必要となる。


台風の接近に伴い、沖縄地方ではあすにかけて、九州南部・奄美地方や九州北部地方ではあすから月曜日にかけて、四国地方や中国地方ではあすから火曜日にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがある。


潮位が堤防を越えなくても、潮位が高い中で高波があると、波が海岸堤防を越えて浸水するおそれもある。高潮や、高潮と重なり合った波浪による浸水などにも厳重な警戒が必要だ。



台風が接近する地域では、記録的な高潮となるおそれがあるので、こちらにも最大級の警戒が必要となる。


前線が日本海北部から西日本へのびている。前線に向かって、南海上から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定となっており、西日本では雷を伴った非常に激しい雨の降っている所がある。


台風の北上に伴い、引き続き月曜日にかけて、西日本から東日本には南海上から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になる予想。局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みだ。特に、西日本から東日本の太平洋側では、月曜日にかけて東から南斜面を中心に総雨量が多くなり、大雨となるおそれがある。



台風が接近する沖縄地方や奄美地方では今夜遅くからあすにかけて、九州南部や九州北部地方ではあすから月曜日にかけて、雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうだ。


土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。台風の周りの非常に発達した雨雲がかかったり、湿った風が流れ込み続け同じような場所で活発な雨雲が停滞すれば、国管理河川のような大河川でも氾濫するおそれがある。このほか、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。



台風が接近する地域では、記録的な大雨となるおそれがあるため、地域ごとの雨の状況、地形の特性にも注視しながら、最大級の警戒が必要となる。

台風10号、眼がくっきり、あすにかけて沖縄・奄美に最接近!甚大被害のおそれ 台風10号、眼がくっきり、あすにかけて沖縄・奄美に最接近!甚大被害のおそれ Reviewed by RichKid on 9月 05, 2020 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.